クスッと笑って癒やされる ぜひ見てほしい、うちの猫のキュート&ヘンなしぐさ

 猫との生活は、笑いがいっぱいです。はぁ~とため息をつく時にも、面白いしぐさで笑わせてくれます。それを見ると、疲れもしんどさも、大抵どこかへ行ってしまいます。

 今回は、これまでに癒やされた、うちの猫3匹のキュート&ヘンなしぐさをいくつかご紹介します。特に珍しくないものかもしれませんが、クスッと笑っていただければ、または、「うちもやるやる」と共感していただければ、幸いです。

(末尾に写真特集があります)

捨てちゃうよ?

 猫には何にでも入ってみたい習性があるようですが、ニャンタ(男・8歳)は特にビニール系にこだわりを持っています。そこにビニール袋があれば、とりあえず入る。しばしたたずみ、無になる(さらにちょっと固めの、歯に心地いい弾力の素材なら、カミカミするのもこだわり)。

 ゴミ袋はお気に入りのひとつで、いつもゴミを集めている途中で占拠されます。

ごみ袋に入る猫
不燃ゴミの日

 そういえば、ゴミ箱にもよく入っています。ポリ袋がかぶせてあるから? それとももしやゴミが好き? こちらも、「ここまま捨てちゃうよ?」と毎回、毎回、同じことを言い、それが楽しみだったりします。

ごみ箱に入る猫
inゴミ箱。ぎゅうぎゅうで変形しています

 ゴミ袋以外では、ペットボトル炭酸水のパッケージがお気に入り。いい感じに形が残って空間があり、入りやすさといい、ジャストなサイズといい、これはちょっと気持ちがわかるような。

 居心地がいいからか、滞在時間も長めです。一人になれる個室、テント、といったところでしょうか。

袋に入る猫
ソロテント?

肉球ちゅうちゅう

 孤独を愛する男、ニャンタは、甘えん坊でもあります。しょっちゅうやるのが、肉球ちゅうちゅう&もみもみ。この時の彼は、お母さんのお乳を飲んでいる気分、至福、ですよね。大きくなるとやらなくなる子も多いと聞きましたが、8歳の今もこのしぐさが止まりません。

肉球を吸う猫
ちゅうちゅう。ああ、至福……

 以前、sippoの編集さんに「いつまでやるのかな?」と言ったら、「うちは16歳だけど、まだやるよ!」との返答でした。なので、ニャンタもきっと一生でしょう。おじいちゃんになっても甘えん坊? 

オッサン座り

 ふと見ると、モモぞう(男・7歳)はよく変な座り方をしています。その表情と相まってのふてぶてしさに、「オッサンか!」と突っ込みを入れたくなります。ふてぶてしくても、それが可愛いと言われる猫って、やっぱりうらやましいですね。

窓際の猫
日なたでいっぷく

 変な座り方が多いので、たまにスタンダードな箱座りをしていると、「やればできるじゃん」と褒められます。

お帰りくねくねダンス

 ごろん、と寝転び、のび~、くねくね。猫が「遊ぼうよ」と誘うポーズだそうですが、モモぞうはなぜか玄関先で、しかも時々しかない、夫婦そろって帰った時だけやります。イコール、酔っぱらって帰った時です。ということは、酔っぱらいの時をねらっているのでしょうか?

寝転がる猫
ごろん、のび~

寝転がる猫
くねくね

寝転がる猫
くねくね

 いつもではなく不意打ちなので、「あ、カメラ、カメラ」となり、いまだにベストショットが押さえられていないのが残念です。ちなみに、そのまま玄関先でモモぞうをナデナデしたり、ズリズリしたりで、なかなか家の中に入れません。

酔っぱらっちゃったン

 酔っぱらいといえば、ポッポ(女・16歳)はお酒が大好きです。チューハイ、ワイン、何でも興味を示しますが、一番のお気に入りはウイスキーです。

 なかでもアイラウイスキー「アードベッグ」は、ボトルにすりすりし、「あっは~ん」となります。その様子は完全に酔っぱらいです。

ボトルと猫
ウィスキ~がお好きでしょ

 このウイスキー、クセが強いので、苦手な人もいればマニアも多いという、好き嫌いが分かれるものですが、彼女は後者のよう。

 また、ウイスキーに限らず、お酒のグラスがあると鼻先を突っ込むので、目が離せません。なかなかゆっくり飲むことができません。ちなみに朝日新聞が大好きなので、だいたいその上に乗っています。

においをかぐ猫
「ハイボールもなかなかね」※アードベッグではないお酒です

お水ペロペロ

 お酒の香りを楽しむ大人の女、ポッポはお水も大好き。猫あるあるですが、水道を使っていると走ってきて、「お水ちょうだい」と言います。ちょろちょろ出にしてあげると、ペロペロとおいしそうに飲みます。

蛇口から水を飲む猫
洗面所にて

 お風呂も、入るのは嫌いだけど、給湯中などはのぞきに来ます。そして観察後、へりについたお湯をペロペロ。たいして珍しくもないそんなしぐさも、何度見ても萌えます。癒やされます。

お風呂をのぞく猫
のぞきに来ました

 今回ご紹介したのはほんの一部ですが、猫は生活に、笑いと活気、癒やしをくれます。色々あるご時世ですが、そのおかげで何とか毎日を乗り越えています。みなさんはどうでしょうか?

【関連記事】入院した飼い主“猫不足”にもだえる日々 2週間後やっと帰宅すると猫たちの反応は?

石井聖子
猫依存症の名古屋在住ライター。幼少期は犬、亀、鶏、インコと暮らし、猫歴は30年以上。現在は3ニャンズ(と夫)と同居。さらにワンコも一緒に暮らすのが野望。夢は弱い立場にいる動物と子ども、全ての人が一緒に幸せになれる方法を見つけること。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。