骨折で保健所へ… 過酷な過去を乗り越え、今では「黄金の左足」を持つ黒猫「あかね」

<sippoストーリー>
あかね/女の子/ミックス/1歳半くらい
普段の呼び名:あかねちゃん
飼い主さんのニックネーム:moto

■名前の由来はなんですか?
負傷したあかねちゃんを保護団体のボランティアさんが保健所から引き出した日。
保健所が閉まる5時ギリギリに間に合って病院に走る車の中から見えた空が、夕日できれいに染まっていたそうです。
そこで、「あなたは、あかね!」と決めてくださったそうです。
その名前の由来に感動して、そのまま使わせてもらっています。

■出会ったきっかけはなんですか?
先住ちゃんのお友達をと思い、複数の団体が共同で開催している譲渡会に行きました。
譲渡会の会場になっていたトレーラーの窓から外をみていた、可愛い赤の首輪をつけたあかねちゃんと目が合いました。
「あの子に会いたい!」と一目惚れでした。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
あかねちゃんは、左前脚の開放骨折をした状態で保健所にやってきました。
最初、動物病院では断脚を勧められたそうです。
「この子の足は残したい!」と、保護団体は、県外の高度医療センターまで運んでくれました。
あかねちゃんは、断脚を免れました。
成長骨が粉砕していたから、他の脚より少しだけ短くて、曲げるのも苦手です。
でも、その脚で追いかけっこしたり、おもちゃで器用に遊んでいるあかねちゃんを見ると、ほっこりしたり、感動したり、笑えたり。
まさに、黄金の左足です!

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
とにかく、仕事が終わり次第、即帰宅!になりました。
そして、あかねちゃんや先住猫ちゃんが保護っ子だったことをきっかけに、私も、あずかりボランティアを始めました。
いま、初めてのあずかりっこが、我が家にいます。初めてな上に負傷猫ちゃんなので、傷のケアやご飯の食べさせ方を保護の師匠に教えてもらいながら、緊張の中、お世話をしています。
傷がなおったら、ずっとのおうち・家族をみつけようね!と思いを込めて……。
こんなボランティアをできるなんて、保護っ子と暮らすまでは、知りませんでした。

■他の飼い主さんに薦めたいグッズは?
「Cats teaser(キャットティーザー)」というおもちゃが、オススメです。レーザーを越えた動きを、見せてくれますよー!

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
うちにやってきて、あかねちゃん、少し太っちゃったかな?(笑)
仲良く健康にあと20年は過ごすために、一緒にダイエット頑張ろうね。

【関連記事】
名前を呼ぶと「あん!」とお返事 ドイツ在住、鼻の模様が個性的なMIX猫「アリア」
落ち込んでいるとそっと寄り添って、支えてくれる存在 ラグドール「ダル」

「sippoストーリー」かわいい写真募集中!
sippoストーリー
かわいいワンコ・ニャンコを毎日1匹、日替わりで紹介します。


<応募方法>
愛犬・愛猫の写真にハッシュタグをつけて投稿してください。
Instagram @sippo_officialをフォロー #sippoストーリー
Twitter @Asahisippoをフォロー #sippoストーリー

投稿された写真をsippo編集部で厳選し、紹介していきます。
※選ばれた方には、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)で直接連絡しますので、入力フォームから情報入力をお願いします。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
sippoストーリー
飼い主さんからの投稿企画です。自然な表情の犬や猫の写真とともに、飼い主さんとペットとのとっておきのストーリーをご紹介します。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。