商店街で保護された兄妹猫「ゆうき」と「りん」 2匹一緒に家に迎えた

 遠山さん夫妻の家に、茶白と三毛の猫の兄妹がやってきたのは、今から1年と3カ月前だった。

(末尾に写真特集があります)

地域猫の姿を見るうちに

「保護猫を家に迎えたい」。2人がそう思うようになったのは、近隣の住民たちにかわいがられていた地域猫の存在が大きい。

 夫婦ともに動物を飼った経験はなかったが、猫たちの姿を目にするうち、愛着を持つようになった。やがて近所にオープンした保護猫カフェに通うようになり、猫たちとの触れ合いの中で彼らの過去の境遇を知った。自分たちにできることはないかと考えるようになった。

 ペット飼育可能なマンションに住み替えるため、夫妻は別の町へ引っ越した。そこで本格的に保護猫を探し、隣の区で活動をする保護団体から子猫を譲渡してもらうことが決まった。

茶白猫
「こんにちは、ゆうきです。妹のりんはソファーの下に隠れてるよ」(小林写函撮影)

 最寄りの商店街で母猫と一緒に保護された4匹の兄妹のなかの2匹で、月齢は推定3カ月。そのうちの1匹の茶白猫は、以前住んでいた町の地域猫に毛の色がよく似ていた。

 1匹だけの予定が、2匹引き取ることになったのは、ベテランの預かりボランティアの女性のすすめによる。

 2匹いれば、飼い主がかまってあげる時間がなくても猫同士で遊ぶことができる。仲のよい兄妹猫なら理想的だ。またケンカをしながら猫社会を学べ、過度に飼い主に執着することもないから、猫飼い初心者にとってはかえって気が楽だろう。

 元気なおばあちゃんボランティアの言葉には説得力があった。仕事の関係で、夫婦ともに在宅時間が長いことも、複数の猫の世話をするうえで問題ないと判断されたようだった。

はじめて見る姿

 トライアル期間を経て、兄妹は晴れて夫妻の猫となった。茶白の兄猫は「ゆうき」、三毛の妹猫は「りん」と名付けられた。四字熟語の「勇気凛々」からとった。

 2匹はすぐに遠山家に馴染んだ。夜鳴きもほとんどしなかった。食欲も旺盛で、毎日部屋中を走り回り、じゃれあい、くっついて眠った。

 夫妻に子供はいない。大人だけの静かだった家の中が、明るく賑やかになった。

振り返る猫
「おやつの準備ができたら呼んでね」(小林写函撮影)

 はじめて2匹を動物病院に連れて行ったのは、不妊・去勢手術のための術前検査だ。

 保護団体から紹介されたその病院は、パステルカラーのかわいらしい外観が特徴だった。明るい色調の石やタイルが配された待合室は、カフェのような印象さえ与える。

 院長は女性獣医師で、保護活動も積極的に行っているようだった。壁に貼られたたくさんの保護犬・保護猫たちの写真が、彼女の熱意を物語る。町の小さな病院にもかかわらず、犬と猫、それぞれに待合スペース、診察室、入院室が設けられているのにも驚いた。

 夫妻より少し年上と思われる院長は、病院の雰囲気そのままで、きさくで明るく、やさしい人だった。人間の都合で、小さいからだに麻酔をかけて手術させてもよいのだろうか。そんなわずかな罪悪感や不安も、話しをするうちに消えた。

隠れる猫
「りんです。私は冷静なの。お兄ちゃんのように、のこのこ出て行かないんだ」(小林写函撮影)

 ゆうきとりんは、待合室でも診察台の上でも、かたまったまま微動だにしない。院長と看護師が手際よく診察や検査を行っていくところに、ただ、身を委ねている。

 よほど緊張しているのだろう。家では寝ているとき以外はかたときもじっとしていない2匹の、はじめて見る姿だった。

猫を病院に連れて行くときには

 それから約1年が経ち、子猫だった2匹はすくすくと成長した。幸い、大きな病気にかかることはなく、それでもごくたまに体調を崩すことはある。そのたびに不安になるが、女性院長は「ささいなことでも、心配なことがあったらいつでも相談してくださいね」と言ってくれているので心強い。

 無邪気な性格なゆうきを、病院に連れていくのは難しくはない。お気に入りのフードをケージの中に入れおけばどこにいても臭いを嗅ぎつけて現れる。油断したところを抱え上げて、キャリーバッグに入れるだけだ。

 敏感で繊細、警戒心の強いりんの場合はそうはいかない。同じ方法で誘導し、そっと洗濯ネットをかぶせる、という方法をとるが、夫妻のいつもと違う様子を察知するやいなや、ソファの下に隠れてしまう。

 一度、りんが肛門線に異常があるように見受けられことがあった。急遽病院に相談したところ、「心配はなさそうだけど、診てみましょう」ということになり、予約時間に合わせてタクシーを手配した。あとはりんを捕まえるだけ、となったところ、ソファの下にもぐってしまった。

上目遣いの猫
「みなさんまだいらっしゃる?お茶も飲んだことだし、そろそろ帰れば」(小林写函撮影)

 このときは籠城状態で、なだめてもすかしても、大好きなおやつをチラつかせても出てこなかった。結局、タクシーの運転手には平謝りで引き取ってもらい、病院の予約もキャンセルした。

 この経験から、猫を病院に連れていく際にタクシーを呼ぶ場合は、準備が整ってからでなければならないことを学んだ。

 病院では相変わらずじっとかたまって、されるがままになっているところは2匹とも同じで、子猫の頃と変わらない。帰宅すると、緊張から解き放たれたかのように遊びまわり、並んで食事をし、窓外を眺め、抱き合うようにして眠る。

 ゆうきとりんがはじめて遠山家にやって来たのは、奇しくも夫妻の10回目の結婚記念日だった。これからは、さらに大切な記念日として家族の歴史に刻まれていく。

(次回は11月13日に公開予定です)

【前の回】けがをして倒れていた野良猫 動物病院へ運び入院させたが、容体は好転しなかった

宮脇灯子
フリーランス編集ライター。出版社で料理書の編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。現在は製菓やテーブルコーディネート、フラワーデザイン、ワインに関する記事の執筆、書籍の編集を手がける。東京都出身。成城大学文芸学部卒。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
動物病院の待合室から
犬や猫の飼い主にとって、身近な存在である動物病院。その動物病院の待合室を舞台に、そこに集う獣医師や動物看護師、ペットとその飼い主のストーリーをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。