5年前に虐待・遺棄されたノラ猫 今は甘えん坊のふつうの猫として穏やかな日々

 5年前、ノラ暮らしだった次郎は、連れ去られ、ひどい虐待・遺棄事件の被害猫となった。「人の手」の恐怖が心に体にこびりつき、心を閉ざした次郎を引き取った保護団体は、ここでゆっくりと彼が人の手の優しさを知り、被害猫ではなく“ふつうの猫„としてもらわれていく日を願った。事件から5年。「かわいい!」と一目ぼれした若夫婦のもとで、次郎は穏やかな日々を過ごし始めた。内気で甘えん坊のふつうの猫として。

(末尾に写真特集があります)

「この子を迎えたい!」と一目ぼれ

 今年春の初め、東京都の郊外で暮らす挙(あぐる)さん・奈々さん夫妻は、2匹目の猫を迎えることを考え始めた。

 今いる三毛猫の「ミーナ」は、ちょうど1年前、保護団体「ねこけん」の譲渡会で出会った猫だ。会場には、愛らしい盛りの子猫たちもいて、その周りはにぎわっていた。だが、奈々さんは、会場に入るなり、はじっこのケージの中でぽつんとしていた三毛のおとな猫のもとへ吸い寄せられるように向かった。

「目が合ったとたん、ああ、この子だ!と思ったんです。もう他の子は目に入らなかった。『ミーナ』の名札の下に『アレルギーがあります』と書いてありました」

 係の人は「おとな猫でアレルギー持ちなので、ご縁がなかなかなくて」と言う。薄汚れガリガリで町をさまよっていたところを保護された、推定2~3歳の雌猫だった。妻の「この子!」に、挙さんも同意して、トライアルを申し込む。

抱っこされる猫
人が大好きで犬っぽい性格のミーナ

 やってくるなり、わが物顔で歩き回り、目の前でいいウンチもして見せた大物ミーナをもらい受けて半年。日中はひとりで留守番の彼女にいい相棒をと、「ねこけん」のサイトを眺めているうちに、一匹のオス猫の写真に目が留まる。

「あっ、この子、かわいいね」「うん、いいね」

 はにかんだような表情が愛らしい、推定9歳のサバ白猫。ごくふつうの、いかにも“猫っぽい„ところが気に入った。犬っぽいミーナとは、いいコンビになるのではないか。

ケージの中の猫
譲渡先募集中の次郎(ねこけん提供)

 そこで、気になるその猫「次郎」のことが書かれたねこけんブログを読むうちに、彼の悲惨な過去をふたりは知る。次郎は、2015年秋に新聞記事にもなった虐待・遺棄事件の被害猫だった。

「都内の公園で、粘着テープで脚や胴を巻かれ、紙袋に入れられた猫が発見された。猫はあごの傷のほか、右耳の後ろに殴られたような痕があり、血を流していた」と、当時の記事にはある。警察署で粘着テープをはがしてもらった猫は、恐怖で固まったままだった。連れ去られるまではノラ暮らしと思われた。

「そのニュースは覚えています。犯人が捕まったことも。まさか次郎があの事件の被害猫だったとは。『もうほっとけないよ、絶対この子にしよう』と、すぐに連絡を入れました」と、奈々さんは言う。「といって、被害猫だからと特別構えて申し込んだわけではありません。すでに写真ですっかり気に入っていたので」

「やさしい手」の記憶を重ねて5年 

 連絡を受けた「ねこけん」ではスタッフ一同、大喜びだった。次郎は、可哀想な被害猫として腫れものに触るような迎え方をされるのではなく、ごくごく「ふつうの猫」として迎えてもらうのが、みんなの願いだったのだ。ミーナの家族だったら人柄もよくわかっていて、願ったりかなったりである。

 虐待・遺棄された当時、「遺失物」扱いだった猫を、手当てを申し出て警察から引き出したのは、「ねこけん」メンバーの獣医師黒澤理紗さんだった。金づちで殴られたため、あごがずれ、右目が小さく焦点が定まりにくいという後遺症が残ったが、ケガの治療を終えた次郎は、ねこけんシェルターへ。次郎と言う名をもらった。

 ガチガチに固まって、手が近づくと威嚇する次郎に、代表の溝上奈緒子さんをはじめスタッフたちは、毎日毎日、「次郎、やさしい手だってあるんだよ」と声をかけ、そっとなで続けた。やがて威嚇をやめた次郎を、さらに人なれさせるべく、預かりボランティアの市來(いちき)美里さんの家へ。

手の上に顔を乗せる猫
来る日も来る日も、やさしい手の記憶の上書きを重ね続けた

 少しずつ少しずつ、薄紙をはぐように、次郎は人間への恐怖心を溶かしていく。

 もう大丈夫。次郎は「かわいそうな猫」ではなく、ふつうの猫として送り出せる。そう信じることができて、譲渡先探しがスタートし、挙さん・奈々さん夫妻が名乗りを上げたのだった。事件から5年近くの、今年7月のことだ。

 トライアルに送り出す車の中で、市來さんは、次郎にこう話しかけた。「みんなであなたを見守っているからね、ここはちょいと頑張りなさい」

次郎はミーナが大好きに

 次郎を迎えて、最初の1週間は、布をかぶせた大きなケージハウスで過ごさせた。当然、隅っこで固まっている。次の1週間は、少し布をめくった。ケージの中が気になって仕方なかったミーナは、さっそくのぞきにくる。

 3週目にはケージフリーに。いつの間にか2匹は仲よくなっていた。7月末の本譲渡から2カ月。次郎は夫妻の笑顔のそばで、ミーナとしあわせに暮らしている。

「よくお互いに毛づくろいし合ってますよ。どちらかといえば、次郎のほうが、ミーナを大好きで尻に敷かれている感じ。ミーナのそばにそーっと来て、ドテンと転がる。くっつきす
ぎては、「もう!」って逃げられたりしています」

 最近では、奈々さんのそばでもゴロンとしてなでさせてもくれる。ごはんの催促でスリスリするようにもなった。「ちょっとビビりだけど、ふつうの甘えん坊のおじさん猫です(笑)。正反対の2匹だから、それぞれ可愛くて、毎日がおもしろい」と、夫妻はいとしげに語る。

2匹の猫
大好きなミーナのそばでゴロンする次郎(奈々さん提供)

 譲渡が決まったとき、うれしくてただただ泣いたという市來さんは、次郎へこんな言葉を贈る。

「次郎、卒業おめでとう。うちにいるときは、他の預かり猫たちに好かれ、とくに女の子や子猫にやさしかったね。あなたはあなたらしく、そのまま生きればいい。どの子もしあわせになる権利があり、私たちは、あたりまえの愛を注いだだけ。恐怖の記憶が消えていったように、あなたの中の私の記憶はやがてすっかり消えるでしょう。でも、次郎の代わりに、私が覚えている。それで十分。あなたのような思いをする猫がいなくなるよう、みんなで手をつないで守るからね!」

【関連記事】虐待・遺棄された猫が心を開いた 「やさしい記憶」を皆で上書き

佐竹 茉莉子
人物ドキュメントを得意とするフリーランスのライター。幼児期から猫はいつもそばに。2007年より、町々で出会った猫を、寄り添う人々や町の情景と共に自己流で撮り始める。著書に「里山の子、さっちゃん」「猫だって……。」など。Webサイト「フェリシモ猫部」での「道ばた猫日記」連載は10年目。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫のいる風景
猫の物語を描き続ける佐竹茉莉子さんの書き下ろし連載です。各地で出会った猫と、寄り添って生きる人々の情景をつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。