障がいを個性として生きる全盲の猫「ピカちゃん」 この子とのご縁は仏天のお導き

 中学校の花壇で保護された全盲の子猫が貰われていった先は、古都鎌倉巡りで一番人気の由緒あるお寺。「ピカちゃん」というイキのいい名をもらった彼女は、好奇心いっぱいに寺猫生活を満喫している。

(末尾に写真特集があります)

引き戸開けの達人

 緑濃き鎌倉市長谷にある「高徳院」は、露坐の大仏として親しまれている国宝「鎌倉大仏」をご本尊とする浄土宗のお寺だ。2匹目に迎えた保護猫として、考古学者でもあるご住職の佐藤孝雄さん夫妻に可愛がられているのは、ピカちゃん。推定1歳10カ月のサバ白の雌猫だ。

 全盲だとは信じられないくらい、ピカちゃんの動きは堂々として的確だ。子猫の時から変わらぬマイ・フィーバーはふすまや引き出しなどを「開けること」。

 さっきから「あっ、そこは開けちゃダメ」と住職夫人の舞子さんに阻止されてもされても、「右がダメなら左から」「あ、ここにも引き出しがあった」と、開けまくっている。仏間や仏具入れなど、お寺には猫の開けてはならぬ場所がいろいろあるものなのだが、ピカちゃんはそんな挑戦が楽しくてたまらない。

ふすまを開けようとする猫「ピカちゃん」
「この戸はしっかり閉まってて開けがいがあるわ」

「賢いというか、執念深いというか」と嘆息しながらも、舞子さんのピカちゃんを見る目は、慈しみに満ちている。ピカちゃんは、舞子さんに見染められて、ここにやってきた。

パワフルな猫

 2018年11月の初め。神奈川県西部にある中学校の花壇で、生後4カ月くらいの子猫がうろついていた。左眼球は飛び出し、右目も腫れあがった状態だった。片岡ナナさん・夢菜(ゆな)さん母娘によって保護された子猫は獣医さんへ。視力はすでに失われていた。

 仮の名を「ひかり」とつけてもらった猫は、獣医さんの元に数カ月預かってもらった後、鎌倉市内に住む預かりボランティアの川嶋さんの家に。「ドアも引き戸も片っ端から開けるので、あれこれ防止策を練るのですが、すべて攻略してしまう。そのパワーには参りました(笑)」と、川嶋さんは振り返る。

 なかなか譲渡先は見つからない。7月、鎌倉の保護猫カフェ「鎌倉ねこの間」のオーナー永田さんが、カフェへの「2週間出張」を試みてくれた。すぐに「会ってみたい」と声がかかる。高徳院住職夫人の舞子さんからだった。

チーム・ピカの(左から)永田さん、舞子さん、夢菜さん、ナナさん
チーム・ピカの(左から)永田さん、舞子さん、夢菜さん、ナナさん

予想以上の活発さ

 舞子さんは、川嶋さんのSNSの動画で、椅子から降りるときのひかりちゃんが目に焼き付いていた。「前足で高さを感じ取りながら、時間をかけてゆっくりゆっくり降りる。生き物としてのその感覚がすごく新鮮でした」。

 トライアルを申し込んだが、気がかりは、寺という環境に馴染むかということと、先住のマナくんとの相性だった。マナくんは、12年前の冬に、車のボンネットから保護され、高徳院に貰われてきたおっとり猫。ひかりちゃんは、マナくんを格好のターゲットとして、さっそく追いかけ始めた。

「予想以上の活発さにびっくり。トライアル中も、引き戸はすべて開ける、障子は破る、網戸はよじ登ると、やりたい放題。マナは、ただただ気圧(けお)されてました」と、舞子さん。

 それでも、夫妻で「この子を迎えよう」と決めたのは、「こんな強烈な子は貰い手が見つかりにくいだろう。お寺でもらうのも、ひとつの使命かな、と(笑)」。ひかりちゃんは「ピカ」という新しい名をもらった。

妹にたじたじの猫「マナくん」(写真提供:高徳院)
妹にたじたじのマナくん(写真提供:高徳院)

背中に天使の羽

 ピカちゃんは、自分に正直な子だ。長いシッポをゆらゆらさせながら、いつもおもしろいことを探している。見えない分、音や気配や匂いにはとても敏感。鎌倉に多く棲むリスが屋根にいるのも、誰よりも早く気づく。飾り物を引きずりおろして、舞子さんがそっと別の場所に置きなおしても、音で「あそこに置いた」と察して再チャレンジ。

 マナくんはといえば、ピカちゃんに襲撃されても、ご飯を横取りされても、無抵抗主義を貫いて「ガンジー・マナ」と呼ばれている。「マナは僕に似て、ピカは君に似てる」と妻をからかうご住職は、こう語る。

「壁にぶつかっても気にしない。視覚に頼れなければ、聴覚・触覚を研ぎ澄ます。与えられた能力を存分に活用し、不足を嘆くこともない。快活にして障がいが個性であることを実感させてくれるピカは、私たち家族の宝物。ご縁あって我が家に辿り着くまでに、彼女を保護し、癒し、慈しんでくださった皆さまと、仏天のお導きに感謝です」

 背中に天使の羽模様を持つピカちゃん。今日もピカピカのいのちで、「今、ここに生きている」ことを一生懸命に楽しんでいる。

(写真・文 佐竹茉莉子)

◆ピカちゃんは、住職自宅飼いですので、参拝の方は会えません。

鎌倉大仏殿高徳院
神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
TEL:0467-22-0703
https://www.kotoku-in.jp

【関連記事】観光大使猫「にゃん太郎」 地域活性に貢献し、今では重役勤務

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。