子どもにいじめられていた子猫を保護 譲渡できず大家族の一員に

 子どもにいじめられていた子猫。まるで亀を助けた浦島太郎のように、そんなふうにして子猫を保護した。竜宮城には行けないまでも、多くの猫たちとの楽しい暮らしが待っていた。

(末尾に写真特集があります)

怖がり固まっていた子猫たち

 2014年4月、大阪府に住む奥内さんは、自転車で昼下がりの公園の近くを通りかかった。その時公園で、1人の小学生がひものような物で子猫をいじめているのを見かけた。少年の目の前には、4匹の子猫が怖がって固まっていた。

「何をしてんねん!」と奥内さんが大声で叫ぶと、少年は逃げて行った。親の所に行こうとも思ったが、まず子猫の保護が優先。奥内さんは4匹とも抱っこして、服にくるむようにして捕獲した。4匹とも逃げることはなかった。

 子猫たちは生後2カ月くらいだった。

 奥内さん宅ではすでに5匹の猫を保護して飼っていた。それ以上は飼えないと思い、子猫たちの譲渡先を探した。

 職場の人にも「誰か猫を探している人がいたら言ってね」と言っておくと、「おいっこが欲しいと言っている」という人が現れた。「先代の猫を亡くしてから、そろそろ1年が経つので、新しい猫を飼いたい」と年賀状にも書いてあったという。

その人は、仲が良かったキジと白サバの子猫をもらってくれた。「特に仲が良かったので、2匹一緒に譲渡できてよかったです」

 だが、残念ながら、残る2匹の希望者は現れず、声がかかることもなかった。

一心同体、いつも寄り添う2匹

残った2匹は大家族の仲間に

「だんだん、うちの子になるやろうなと思いました。それで『夢』と『夜』と名付けて、うちで飼うことにしたんです」

 夢ちゃんは先住猫のセナちゃんと、まるでずっと一緒に育ってきた姉妹のように仲良くなった。

 夜くんは、お兄さんっぷりを発揮しているのか、夢ちゃんが鳴くと、どこにいても「ニャア」と鳴いて、首根っこをかみにくる。そんな夜くんも、先住猫のお姉さんたちから見れば後輩猫。みんなにしきりにスリスリしに行くので、先住猫たちに怒られることもあるという。

 7匹の保護猫を飼うことになり、にぎやかに暮らす奥内さん。大勢の猫たち全員を我が子のようにかわいがっている。

黒猫
自分で入って、自分で開けられる

【関連記事】不妊手術をする予定の野良猫が妊娠 子猫はインスタ仲間の元へ

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。