魚卵猫姉妹の不妊手術 ダンナの乱れぶりに将来が不安になる

 ついに魚卵姉妹も不妊手術を受けることが出来ました。

 体調を崩したりなどで、なかなか手術が受けられなかった2匹でしたが、手術当日も手術後も問題なく過ごせていて、ほっと一安心です!

 そしてやはり、猫たちより不安定な気持ちになっていたのは私たち人間のほう。

 特にダンナは手術日が決まった日は下痢、当日は涙と、不安定ぶりを発揮。

 魚卵姉妹は、ちょっとした風邪が長引いたり炎症がなかなか治らなかったりするところがあるので、私もハラハラ心配はしていたけれど、ダンナの心配はもしかしたら我が子に対して以上なのではという情熱。

 猫の心配もだけど、ダンナへの心配もしなくてはならず「なんてめんどくさい男だ……!!」と、しまいには尻を蹴りあげたくなりました。

通院には必ずダンナが付き添い。タラコ「あたい大丈夫だよ、おとーさん」

 そして実は、なかなか不妊手術が出来ない時に、「もうこのまま手術できないのかな……それならもう魚卵姉妹の子どもが見たいな〜」なんて、私は一瞬思ってしまいました。

 だけど、繁殖させるには私にとっても猫にとっても大変な苦労があるだろうし、子猫がラブ過ぎて結局手放せず家の中を今の倍以上の数の猫が駆け巡るカオス空間になって、岩海苔爺さんが怒りの放尿をしまくるところまで想像ついたので、キュキュッと頭の中から可能性を除外。

 今は、家にいる猫たちを猫生最後まで大事にするのが大盛家の使命である、と思っています。

 それにしても、ダンナの取り乱しぶりを見てしまった今、将来もしかしたら来るかもしれない娘の結婚や出産の時のダンナの心配ぶりが容易に想像ついて、気が重くなってます。

(この連載は隔週金曜日に更新します)

【関連記事】大人の階段こわす~♪ 愛猫「タラコ」の発情期にダンナ荒ぶる

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。