愛猫「おこわ」の一周忌 泣きながら寝た夜に、不思議な“喝”

 おこわが亡くなって1年が経ちました。

 昨年はおこわのことを思い出す度に涙がダーダー出ていたんだけど、時が経ち、日が暮れていくのを見つめるような、寂しくも温かい気持ちになるまでには落ち着いていました。

 しかし、命日が近づくにつれて、おこわが亡くなった日のことを思い出してしまい……。

 命日当日は朝から沈みこんだり、写真を見ては泣いたりで心が乱れまくりでした。

 そんな様子を空から見ていてくれたのかな……寝ている私のところに、おこわが来てくれた感覚がありました (突然オカルティックな話でごめんなさい)

 ブーブーいう鼻水まじりの呼吸音に、のんびりしたテンポのふみふみ。

 懐かしい感覚に、飛び起きたんだけど、そこにおこわはおらず。

 ダンナに「おこちゃんが来てくれたと思う!」と言うと、「ええっうらやましい!!」と悔しがっていました。

 おこわに会いたいよー、と泣いてたんだけど、もしかしたら「私はここにいるからしっかりしなさいよ!!」と、喝を入れてくれたのかもしれない……なんて思ってます。

あたい、心配で帰ってきちゃったじゃないのよ
あたい、心配で帰ってきちゃったじゃないのよ

 おこわに会いたいがあまりに、私の脳が起こしたバグかもしれないけれど、一生忘れられない命日の思い出になりました。

(都合により、5月15日はお休みさせていただきます。次回の更新は5月22日です)

<< 癒やされない猫動画

【関連記事】 おこわ、ごめんね。ありがとう やっぱ、猫じゃけぇ(19)

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。