ペット同行避難、対応分かれる自治体 「断られた」「軒下まで」

避難所となった足立区立大谷田小学校の体育館。この施設ではげた箱までペット入室可だった
避難所となった足立区立大谷田小学校の体育館。この施設ではげた箱までペット入室可だった

 台風19号では、東京都内で多くの避難所が設けられたが、ペットを受け入れるかどうかの対応は分かれた。家族同然のペットを残していけないと、避難所に行くことをあきらめた人も。アレルギーなど課題はあり、自治体も受け入れ態勢の検討を始めている。

「最悪、犬と一緒に死ぬつもりだった」。葛飾区の2階建て住宅で2匹の大型犬と暮らす70代男性は、台風が来た10月12日のことを振り返る。

 2匹とも体長は約1.5メートル。普段は庭で飼っている。「こんなに大きな犬を避難所に連れて行けない」。当日は自宅の1階に犬を入れて過ごした。

 台風19号の際、区は中川と荒川に囲まれた亀有など約10万8千世帯、約20万8千人に避難勧告を出した。だが、117カ所の避難所ではペットを受け入れる態勢がなく、判断はそれぞれの職員に任せたため、受け入れなかったところもあった。

 避難所に来たのは約2万人。区には、「ペットと一緒に行ったが断られた」といった声も寄せられたという。区の担当者は「ペットの大きさや種類は様々。今後、対応を検討していきたい」と話す。

ペット同行可でも避難しなかった理由

 隣の足立区では、全避難所でペット同行可だ。対応は避難所によって違い、区立大谷田小学校ではペットをケージに入れた上で、げた箱の前まで入室可とした。

 ただ、同校近くに住む50代女性は2匹の小型犬と一緒に避難しようと考えたが、結局しなかった。「私と離れるとほえ続けて迷惑をかけるし、心配」という理由だ。当日は川に近い自宅で、不安を感じながら過ごしたという。

 多摩川が流れる多摩市の50代女性も、自主避難を考えたが、悩んだ末にあきらめた。9月の台風15号の際、自治体に問い合わせたところ、「ペットが入れるのは避難施設の軒先まで」と聞いたからだ。

 生後直後から過ごした小型犬は、家族同然。「嫌がる避難者がいるのは理解できる。どうやったら『共存』できるか、自治体も市民も一緒に考える必要があると思う」と話す。

 ただ、同市内でも、ペットと過ごせるように急きょ対応を変えたところも。市総合体育館では、担当職員と施設の指定管理者が協議し、ペットと同行者のみで過ごせるスペースを用意した。少なくとも8家族がそこで過ごしたという。

 市の担当者は「動物にアレルギーがある人もおり、慎重な対応が必要。市民に意見を聞き、どこまで拡充できるか検討したい」と話す。
(藤原伸雄、木村浩之)

【関連記事】台風19号で猫と同行避難 やっておいて&おけばよかったこと

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。