猫の抜け毛ごっそり、捨てずに袋へ すると世界が平和になる?

収穫した猫たちの抜け毛。奥はチャッピー

 夏だ。収穫の季節だ。野菜だとなんだろう。私の場合は枝豆、トウモロコシ、そして何と言ってもゴーヤだ。妻の作るゴーヤのピクルスが毎日の楽しみとなる。

 そして、うちのもう一つの大収穫。それは「抜け毛」。うちの猫たち、ブラッシングをすると抜ける毛の量が尋常でない。まさにごっそりと抜ける。

 ここだけの話だが、妻はそれをすぐに捨てず、ポリ袋に入れ、ためていく。最初は「えっ」と思った。妻は言った。「だって、もったいないじゃない」。普段、それほど物を大事にしている気もしないが、その言葉には確信の響きがあって、何も言わずにそれに従った。

 そのうち、袋を開け、いそいそとその中に毛を押し込むことが自然となり、たまっていくのが楽しいような気もしてきた。そして、不思議だが、抜け毛のたまった袋を見つめると、ホッとして静かで穏やかな気持ちになる。

 キャットシッターさんが来た時のことだ。仕事をしながら妻とのやり取りを聞いていた。妻が「抜けた毛はこの袋に入れておいてください」とまた言っている。さすがシッターさん、様々な家庭を経験しているだけあって、特段気にせず「なんでためてるんですか?」。妻は少し考え、言った。「世界が平和になるような気がして」。「えっ」と思わず立ち上がりそうになった。しかし、シッターさんは「うーんなるほど」と言って、何事もなかったかのように、「入れた袋はここに置いときますね」などと答えている。

「世界が平和になるような気がして」。もう一度その言葉を嚙みしめると、私も自然に「そうだよな」と思えた。あの、袋に毛をしまう時の静かで穏やかな気持ちはどこか「祈り」に似ているのだ。

 ここまで原稿を書いて、自分でも変わった夫婦の話だなと思う。思うが、仕方ない。「猫」というものに感じているものが、2人は似ているのだと思う。

【関連記事】
自分の命と小猿の命、揺れる心 猿曳きの選んだ道とは…

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。