紙袋のほかにも、大好きなふくろ 猫のぐっぴーが多義語を解説

 ぽっちゃり猫の「ぐっぴー」が身体を張って、ちょっと使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する「ぐ辞苑(ぐじえん)」。一つの単語でたくさん意味がある「多義語」。わかっているつもりでも、使う場面や使い方に迷うことがよくあります。そんな「多義語」の用例を「ぐっぴー」が写真入りで説明します。

  第12回は「袋(ふくろ)」です。

 (多義語の意味は、岩波書店『広辞苑(第七版)』によるものです)

意味その1:中に物を入れて、口をとじるようにした入れ物。

 用例「小さなに入りたがる巨漢。」

【解説】閉塞感がたまらないのであろうか。 ぐっぴーは袋に入ることが大好きだ。

  

 自分の体の大きさがわかっていないからなのか、はたまた締め付けられる感じが悦びになるドMなのかは定かではないが、袋の中でもとりわけ、ギリギリ身詰まる程度の大きさの小さめの袋を愛してやまない。

 良い子は真似してはいけない。

意味その2:母親。おふくろ。

 用例「おふくろへの愛が止まらないマザコン男子。」

【解説】ぐっぴーは飼い主のことを「ママ」と呼んでいるのだが、ぐっぴーももう人間でいえば40代。

  そろそろ「おふくろ」にチェンジしてもいいころではないか、と家族会議をしたが、

 

 こんな腕枕や

 

 こんな膝枕をしちゃうような

 おじさんが「おふくろ」と言うのも違和感があるという結論にいたり、引き続き「ママ」と呼ぶことに着地した。

意味その3:ふくらんで物を入れるようになったもの。

 用例「一人お花見での暴食による胃の肥大。」

【解説】“巷では、お花見という文化がある”。

  テレビを通じてそんなことを知ってしまったぐっぴーのために仕方なく、家の中でお花見を行った。

 お重いっぱいのおやつにアルコール…胃袋がパンパンになるまで食べまくったようだ。それ以降、胃袋が大きくなってしまったのか、しつこくご飯を求めるようになった。

 …お花見の暴飲暴食による弊害だ。

 人間の皆様、ご注意されたい。

意味その4:行きづまっていること。行きづまり。

 用例「掃除機から逃げるも、そこは小路だった。」

【解説】掃除機をかけているとき、ぐっぴーは掃除機から逃げるのが通常であるが、後先考えずに逃げるため、たまに自ら袋小路に入ってしまうことがある。

 

 そんなとき、ぐっぴーはどうするかというと…

 戦う。

 

 決死の猫パンチ。

 …もむなしく手が届かず空振りする。

 このままでは掃除もできないしぐっぴーも戦い疲れしてしまうため、掃除機はその角の掃除を諦め退散するほかない。

 結果、その角はいつも汚いことはいうまでもない。 

さきとも
さきが飼っていた猫「ぐっぴー」に、ともがひと目惚れし、さきともと「ぐっぴー」の謎の共同生活を開始。2015年、思いつきで一緒にInstagramアカウントを開設。現在はふたりで「ぐっぴー」の育成を行う。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

この特集について
ぐ辞苑
猫の「ぐっぴー」が身体をはって、使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する特集「ぐ辞苑(ぐじえん)」です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!