「大丈夫、大丈夫」 疲れたみんなを慰めてくれる猫写真集

   猫写真家・沖昌之さんの写真集『明日はきっとうまくいく』(朝日新聞出版)が発売された。猫たちのありのままの姿をとらえた写真に、背中をそっとなでて慰めてくれるようなメッセージが添えられている。帯にはこうある。「大丈夫、大丈夫。ひと休み、ひと休み」

(末尾に写真特集があります)

   表紙をめくると、いきなり現れるのは、壁にだらーんともたれかかった猫の写真。

〈誰だって、めげたくなる日もある〉と言葉が添えられている。そこにいるのは猫であって、猫ではない。あなたや私の姿であり、あなたや私に向けられた言葉、のようだ。

 本書に登場するのは、猫写真集にありがちなカワイイ猫ではない。むしろ、その逆。満員電車に押し込められ、上司に怒られ、頭を下げて……。社会人の切ない日常が、猫の姿を借りて、とつとつと描かれていく。

『明日はきっとうまくいく』より
『明日はきっとうまくいく』より

一生懸命ゆえにヌケてる猫

 本書を編集したのは、沖さんの写真による『今週の猫しゃあしゃあ』を連載している「AERA」編集部。担当の大川恵実さんはこう説明する。

「沖さんの撮る猫は、みんな一生懸命で、一生懸命ゆえにヌケているんですよね。それって、私たちの人生そのものだなと思うし、だからこそ沖さんの写真は多くの人を惹きつけるのでしょう。この本は一生懸命な人を応援する本ですが、いたずらに『がんばれ、負けるな』と言うのではなく、『逃げて大丈夫。寝て忘れちゃおう。笑顔でいればなんとかなるよ』といたわる感じです」

   沖さん自身、はっとした写真と言葉の組み合わせがあるという。

「茶白の猫が(茶トラの前に立って)怒る写真に、〈あなたのために闘ってくれる人もいる〉という言葉が付いたのを見て『おお!』って思いました。後ろのコからしたら矢面に立ってくれる先輩がいるって思えるし。前のコからすれば、実は後ろに闘ってくれてる先輩がいるって思える。どちらの立場からでも、この言葉は正解な感じがして『深いな』と唸らされました」

今日うまくできなかったことは (『明日はきっとうまくいく』より)
今日うまくできなかったことは (『明日はきっとうまくいく』より)

「寝て忘れちゃおう」

 本書は約25センチ×18センチと、今までの沖さんの写真集の中で最もサイズが大きく、細部まで写真を見ることができる。

 連続写真を多く使い、ストーリー性を持たせたのも特徴だ。たとえば、階段に集まって眠る猫たちの2枚には〈今日うまくできなかったことは、寝て忘れよう〉と付く。

寝て忘れよう (『明日はきっとうまくいく』より)
寝て忘れよう (『明日はきっとうまくいく』より)

 沖さんはあとがきにこう記している。

「『明日はきっとうまくいく』。そんなこと言われても、ほんとかよ、って疑うのは間違いないし、うまくいかない明日もたくさんある。だって、そんなに人生は簡単じゃないから。でも、この本に出てくるねこたちに、ぼくは何年も励まされて、何度もシャッターチャンスをもらえたから、明日のために頑張ってこられたと思ってます」

 カッコよくない猫たちが、疲れたみんなを癒やしてくれそうだ。

『明日はきっとうまくいく』
発行:朝日新聞出版
写真:沖昌之
アート・ディレクション:三村漢
体裁:B5判変型・88ページ
定価:1300円+税



藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。