猫と人間の赤ちゃん お風呂に入れるのは、どっちが楽?

「風呂に入れたら恨むぞよ」という表情のあんず。風呂に入れなくても、理由なくこんな顔をします
「風呂に入れたら恨むぞよ」という表情のあんず。風呂に入れなくても、理由なくこんな顔をします

 猫をキレイにしてから、赤ちゃんを迎えたいと考え、妊娠中に「猫をお風呂に入れよう」と夫婦で話していました。

 赤ちゃんが産まれたら、毎日赤ちゃんを洗わなければならないのですから、猫を洗っている暇などあるはずもありません。

 しかし……猫をお風呂に入れるのは、本当に骨が折れるかもしれないというくらい、非常に骨の折れる作業です(我が家の場合)。

 どうしても腰が重くなってしまい、「今週、入れよう」「やっぱり来週」なんて言いながら、時が経ってゆきました。

 そうこうしているうちに臨月になり、いよいよ風呂に入れなければチャンスがなくなる……という時に、いよいよお風呂に入れることにしました。

 妊娠の経過は順調でしたが、「赤ちゃんは大きめ」と序盤から言われ続けてきた私のお腹は、「双子ですか?」と聞かれるほど膨れ上がっておりました。健康な状態でも大変なのに、お腹が苦しくて仕方がない状態で猫を洗ったりしたら、破水するのでは…。

 など心配になり、夫が暴れる猫を押さえて一人で洗い、私は猫をタオルで拭いて、ドライヤーで乾かす担当となりました。

 猫らにとっては、赤ちゃんが来ることなんて、知ったこっちゃありません。大嫌いなお風呂に入れられて、いつものように「ナオーーーン」と雄たけびをあげておりました。

 担当を楽にしてもらったとはいえ、前かがみの姿勢が苦しいのなんの。逃げたがっている猫を押さえてドライヤーをかけるので、力も入ります。予定日まであと2週間。猫を乾かしている間に、産まれそうになるんじゃなかろうか…。そんなことが頭をよぎりながらも、早く終わらせたくて、いつもより手際よく終えることができました。

「猫に比べたら、赤ちゃんは暴れないから、お風呂も楽だろうね」

 猫をお風呂に入れてくたくたになりながら、夫はそう言いました。

 確かに、生まれたての赤ちゃんは、ベビーバスから飛び出そうとしたり、鋭い爪をたてたり、うらめしそうに睨んだりはしません。猫は10分以上かかりますが、赤ちゃんの場合は5分くらいで終わるので、毎日でもさほど苦にはならないはずです。

 私も、確かにそうだろうなと想像していたのですが…。

 実際、産まれてみると、生後0か月の赤ちゃんは想像以上に首がグラングランで、少しでも気を抜くと、お湯にジャボンと落ちてしまいそうです。猫の場合は、こちらが猫に傷つけられる心配はあっても、猫自らが危険を回避するので危いことにはなりそうにありません。

 なので、洗うときのドキドキ感については赤ちゃんの方が上回り、「赤ちゃんの方が楽」とはとても思えません。生後1か月間の沐浴は、夫に担当してもらいました。

 それでも夫は相変わらず「猫より赤ちゃんの方が楽」を連発し、赤ちゃんの沐浴を楽しんでいました。それを見て、猫を風呂に入れる苦労を味わっておいたおかげで、育児が楽に感じているのかもしれない……などと考えたのでした。

(ヤスダユキ)

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。