かわいくって、あったかい 手編みの猫ハウスの作り方

バイカラーのカバー(撮影/白井由香里)
バイカラーのカバー(撮影/白井由香里)

 ハンモックやバスケット、ケーキ形ドームや海苔巻きハウス……。見た目もかわいく、猫にとっても居心地の良さそうな猫ハウスの作り方を紹介する本「手編みのかわいい猫ハウス」(エクスナレッジ)が発売された。

(末尾に写真特集があります)

 同書で紹介している手編みの猫ハウスは、全てかぎ編みなので、編み物の初心者にも優しい。編み方や仕立てのコツ、編み図も掲載され、糸の紹介もあるので、写真の通りに作ることができそうだ。

カップケーキ型ドーム(左)とハンバーガー型ドーム (撮影/白井由香里)
カップケーキ型ドーム(左)とハンバーガー型ドーム (撮影/白井由香里)

 ニッター(編み物をする人)たちが提案する猫ハウスは、大きく分けて3タイプ。バスケットなどの“オープンタイプ”、ハンモックなどの“高所タイプ”、屋根があってすっぽり猫が入れる “クローズタイプ”とあるので、愛猫の好みや性格に合ったものが選べる。

 初心者でも短時間で気軽に作れそうなのは、市販品のベッドにかぶせるだけのオープンタイプのカバー。多少サイズを間違えても、伸縮性のある糸を使って作れば、フィットしやすい。ベッドの中身は既製品でも、猫の毛色や瞳の色に合わせて毛糸を選べば、愛猫だけの特別なベッドが完成する。インテリアや季節に合わせて、気軽に着せ替えるのもオススメだ。

 難易度は上がるが、3日ほどで制作できる “海苔巻きハウス”は、見た目のかわいさだけでなく、狭い所が大好きな猫にぴったり。中に入った猫がつぶされないように、芯材をところどころに入れるのがコツだ。

思わず入りたくなる? 海苔巻きハウス(撮影/白井由香里)
思わず入りたくなる? 海苔巻きハウス(撮影/白井由香里)

 ハウスをデザイン、制作したニッターは5名。猫を飼っているニッターは、愛猫に実際に入ってもらいながら制作した。猫を飼っていないニッターの場合は、猫カフェに行くなどして猫の反応を確かめているため、全ての猫ハウスは猫の好みがしっかり盛り込まれている。

 作り方のハウツー本というだけでなく、ハウスで思いのままにくつろぐ猫たちの写真も楽しめる。撮影時の猫たちの様子を編集部に聞いた。

「撮影に協力いただいた猫の多くは、ハウスを見るなり勝手に使ってくれたり、ハウスの中で長時間くつろいでくれたりしたので、その姿に感激するとともに、作った甲斐があった!と報われる思いでした。どんな姿もかわいくて、シャッターチャンスが山のようにあり、膨大な量の中から掲載写真を選びました」

「猫ハウスは、標準的なサイズの猫に合わせて作っていますが、ノルウェージャンなどの大型猫も無理やり入ってくれたりして、その様子も可愛かったです。ジャストサイズも良いけれど、ミスマッチなサイズもそれはそれで可愛いので、読者の方には、伸び伸びと作っていただきたいです」

 寒い冬、暖かい部屋でコツコツ編み物をして、愛猫たちにカワイイ寝床をプレゼントするのもよさそうだ。

「手編みのかわいい猫ハウス」
出版社:エクスナレッジ/体裁:ソフトカバー、95ページ/定価:1500円+税
この特集について
ペットライフ お役立ち情報
ペットが食べてはいけない物は? もしもの時の備えは? ペットとの生活をより快適にするのに役立つ情報を特集しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!