兄弟で捨てられていた子猫2匹、一緒に引き取られ幸せに

 大阪府在住の奥田夫妻は、以前から拾った子猫の引き取り手を探すなど、個人で保護活動をしていた。2015年、福島県で保護された震災の被災猫たちのもらい手を探しているという新聞記事を目にした。それなら私達も一役買おうという気になったという。たまたま猫を飼いたいと思っていた時期も重なった。

(末尾に写真特集があります)

 「被災した猫でなくても、保護猫を譲渡してもらえば、シェルターの猫舎に、その分空きが出ます。そのため猫を引き取ることにしました」

 保護団体「ARK」のホームページを見て、保護猫を探すと、可愛い茶トラの猫が目に留まった。それがライトくんだった。実際にARKに見に行き、他の猫も見たり触れ合ったりしてみたが、やはりその猫に決めたという。兄弟猫のハートちゃんと2匹一緒に譲渡してもらうことにした。

サバトラのハート
サバトラのハート

兄弟で捨てられていた子猫

 2匹は生まれたばかりの頃、ガレージにダンボール箱に入れられて捨てられていた猫だった。2匹を一時預かりしていたARKのボランティアが、小さかった頃の様子を録画したDVDをくれたという。

「ボランティアさんのもとで社会化されて、人との信頼関係ができていました。ワクチンも接種してもらい、マイクロチップを入れた状態で譲渡されたので、なんの不安もなく育てることができました」

子どもは少し苦手なライト
子どもは少し苦手なライト

性格は兄弟それぞれ

 ライトくんは元気いっぱいで、お手をするような仕草もする。一度、子どもに叩かれたことがあり、以来、子どもは苦手だという。気分屋さんで時にハートちゃんに八つ当たりすることもあるそうだ。

 ハートちゃんは兄弟猫でも性格が違い、家にやって来た当時、すぐに食事ができないほどセンシティブな猫。どちらかというと身体が弱く、臆病で、なかなか人に寄ってこないという。

 それでも、やはり兄弟は兄弟。付かず離れず、ほどよい距離を保ちながら、2匹は仲良く暮らしている。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。