猫は人生になくてはならない存在 愛と癒やしで助けられて

 モデルとして活躍する松島花さんは、3匹の猫と暮らしながら保護猫や保護犬を助ける活動にも取り組んでいます。初めて猫を飼ったのは8歳の時。「人生になくてはならない存在」だと言います。連載1回目は、そんな松島さんと猫たちとのこれまでをお伝えします。

(末尾に写真特集があります)

 皆さん、初めまして。モデルの松島花です。

初めてお家に来た時
初めてお家に来た時

 私は現在3匹の猫と暮らしています。

現在の3匹。推定5歳のごろりん、7ヶ月になる兄弟のゴメズとフェスター
現在の3匹。推定5歳のごろりん、7ヶ月になる兄弟のゴメズとフェスター

 この3匹は保護猫で今年6月に我が家にやって来ました。私はモデルの仕事の傍ら保護猫・犬を助ける活動を微力ながらしています。

 そこで今回、”sippo”での連載を書かせて頂くことになりました。

 猫の可愛さ、魅力はもちろん、向き合い方や別れ、保護猫・犬たちの現状、ペットブーム、虐待、ペット産業などについて、私なりに決して難しくならずに書いていけたらと思っています。

 私自身、まだまだ知らないことも多く勉強しながらの手探り状態です。活動を始めてみて知ったことも多いので、先ず知らない方には知って頂く、考えて頂くきっかけになればいいなと思います。

 私は小さい頃から猫が大好きで、8歳の時に初めて2匹の兄妹猫を飼い始めました。少しの留守番も寂しくないようにと最初から2匹で飼うことを決めていました。名前は男の子を、女の子をと付けました。私の苗字が松島なので、松・竹・梅というわけです。

 竹は10歳の時腎不全“で亡くなり、梅は今年の1月に20歳で亡くなりました。竹の時もペットロスに陥りましたが、梅は20年一緒にいたのでその存在はとても大きくて悲しい毎日でした。次の子を飼うという気持ちにはしばらくなれませんでした。でも猫のいない日々は本当に寂しくて、積極的に探さないまでも、出会ったら出会ってしまったらという気持ちが強くなってきました。

 梅が亡くなり100カ日を迎えようとしていた頃、何気なく保護猫のインスタグラムを見ていたら1匹の猫に出会いました。何か語りかけてくるような目、どことなく梅に似た面影もありました。それがごろりん”です。

一目惚れした当時のごろりん
一目惚れした当時のごろりん

 一目惚れしたとは言え、ペットを飼うということは最後まで寄り添うことができるかしっかりと考えなければいけません。大切な命ですから。家族で何度も話し合いをして、保護主であった方にメールを送りました。

 その後、保護主の方とやり取りを重ね晴れてごろりん“の里親になることが出来ました。この時の事はまた詳しく書きますね。

 そして今回も、ごろりんと相性の良い子と2匹で飼おうとしたところ、ごろりんとよく一緒に遊んでいた黒チビ2匹も引き取ることになりました!

ゴメズとフェスター
ゴメズとフェスター

 名前はゴメズとフェスター、私が小さい頃大好きだったアダムスファミリー“から取りました。

 こうしていきなり3匹の里親になったのです。

お気に入りのベット
お気に入りのベット

「猫のために何かしたい!」と思っていた私がまず保護猫の里親になることで、ペットショップで買うのではなく、助けを求めているたくさん保護猫・犬の存在をもっと多くの皆さんに知ってもらい里親の選択を広めよう!竹や梅もきっと喜んでくれる!と思い、オフィシャルインスタグラムとは別にもう1つ保護猫・犬のためのアカウントを開設しました。

 私がこういった活動を始めたいと思うようになったのは、母の存在がありました。母は昔から地域猫の餌やり、去勢・避妊手術、ケガをした猫を病院へ連れて行っていましたし、兄も小さい頃からよく学校の帰り道などで捨て猫を連れて帰ってきていました。そういう中で育った私は“保護猫“という特別な目で見るのではなく自然と『猫を助けたい』という意識が芽生えていたのかもしれません。

「猫を助けているようで結局たくさんの愛と癒しで助けられているのは私なんだな」と気づかされる毎日です。私の人生に猫はなくてはならない存在です。

松島花
1989年東京都生まれ。『Oggi』(小学館)、『BAILA』(集英社)、『25ans』(ハースト婦人画報社)、『CLASSY』(光文社)、『ミセス』(文化出版局)などのファッション誌でモデルを務めるほか、CMやドラマにも出演。動物の保護活動に強い関心を持ち、オフィシャルインスタグラムアカウント(@hana_matsushima_official)とは別に保護活動を行う個人・団体を応援するアカウント(@hana_matsushima_animal)を開設している。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
猫のいる幸せ
3匹の猫と暮らすモデルの松島花さんは、保護犬や保護猫を助ける活動にも取り組んでいます。猫の魅力はもちろん、向き合い方や別れもつづります。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。