愛猫とケンカ! しょんぼり猫に「ごめんね」と言ってみたけど…

サビ猫のあんず。指を持ってこられると、つい…
サビ猫のあんず。指を持ってこられると、つい…

 先日、愛猫のあんず(7)と初めてケンカをしました。私が一方的に怒ってしまっただけなので、ケンカにはなっていないかもしれないけれど……。

 きっかけは、いつものあんずの“フミフミ”でした。

(末尾に写真特集があります)

 私がソファでくつろいでいると、あんずが「ニャ~」と甘え声で腰元にぴったり寄り添ってきて、いつもの“フミフミ”が始まりました。わき腹の周辺で、お手々をギュッギュッとして、うどんでもこねているかのように、力強く踏むのです。

 服の上からとはいえ、前足の爪をしばらく切るのを忘れていたせいで、ちょっと痛い……。

 なので、服の中に手を入れ、服を体から浮かせるようにして、服だけフミフミさせるようにしました。しかし、それだと手ごたえがないのか、私の“お肉”があるところに移動させて、フミフミするあんず。

 痛い……、そろそろやめてくれないかな……。と思っても、全くやめる気配もなく、恍惚の表情で一心不乱にフミフミを続けるあんず。長いときは20分くらい続きます。

一心不乱にフミフミするあんず
一心不乱にフミフミするあんず

 すると、一番伸びた爪が服の上からザクっと皮膚に入りました。

「いったーーい! もう、やだっ! いい加減にしてよー」と大声を出し、あんずの前足を押しのけました。

 強い力でどけたわけではありませんが、あんずは初めての出来事に驚いてしょんぼり。

 さっきまで楽しそうにフミフミしていたのに、うつむいて、しょげるあんず……。

 はっと我に返りました。ああ、私はあんずの小さな楽しみの時間を奪ってしまったんだ。

「ああ、ごめん、ごめんね~、あんずちゃん……」

 頭をナデナデしましたが、うつむいて、しょんぼりしたままです。逃げ出してはいないので、怖がっている様子はありませんが、元気がないのは明らかです。

「ごめんよ~、私が爪を切らなかったのが悪いのにね……」

 どんなになでても、しょんぼり感は消えず、体を丸めてしまいました。

 こんなとき、猫に言葉が通じないのがとてももどかしく感じてしまいます。でも、「ごめんね」が通じたところで、さっき大声を出してしまったことは取り返せません。

 完全室内飼いの飼い猫の一日は、寝て、食べて、遊んで、また寝て…。それくらいしかすることがありません。

 それでも幸せそうではありますが、飼い主とのコミュニケーションは大切な時間です。特に、あんずは飼い主に限らず、人が大好きなので、信頼している人に拒絶されたらものすごく悲しいはずです。

あんず(手前)を枕にして寝るのが好きなモモ
あんず(手前)を枕にして寝るのが好きなモモ

 とっさにあんずを退けてしまった自分を責めていると、あんずはそのまま眠ってしまいました。

 そして、しばらくして目を覚ますと、伸びをして水を飲み、「ニャー!」とひと鳴き。

 その後もニャーニャーと元気よく鳴き続け、いつの間にか“遊び要求”が始まっていました。

 ほんの1時間前まで、あんなにしょげていたのに。私の自責の念に駆られて過ごした時間は一体……。

 まあ、あんずが元気を取り戻したんだからいいか! その後は、思いっきり仲直りの遊びをしました。

 翌日、また私のそばに来て、“フミフミ”体制に入るあんず。昨日のうちに爪は切ったので、準備万端です。さあ、思う存分フミフミを!

 すると、あんずはおずおずと手を出し、“6フミ”くらいでやめてしまいました。ああ、やっぱり忘れてはいなかったのか。なんて賢くて優しい子……。

「昨日はごめんね、あんずちゃん」

 体をなでまわすと、満足気に喉をゴロゴロ鳴らしていました。

 もしかしたら、昨日の出来事は忘れてしまったけど、何となくフミフミはしすぎないほうが飼い主は嬉しいのかな、と学習したのかもしれません。あんずは、暴れん坊な一方で、優しい心の持ち主なのです。

 また時が経てば、長いフミフミをするかもしれないけれど、今のところは、気を遣ってくれているようです。

 猫は言葉が通じませんが、その分、過敏なほど心が通じているような気がすることがよくあります。

 言葉が通じなくてもどかしい、なんて少しも感じていないだろうし、ごはんと寝る場所と遊び以外は、何も要求することはありません。そんな猫たちの寿命は長くて20年ほど。そう思うと、今回のように猫に気を遣われてしまうと、心がギュッと締め付けられる思いがします。

 猫との生活は人生で初めてのことだったので、猫によって性格が全く違うことなど、新しい発見ばかりの日々ですが、これからも猫との限られた時間を大切に、猫にとって快適な暮らしを提供したいと思うばかりです。

     ◇    ◇

 さて、連載は今回で149回目でした。私の都合により、これにて一時休止となりますが(キリが悪くてすみません)、今まで以上のネタを携えて、また必ず戻って来たいと思っています。次の150回目、ビビりのキジトラ猫モモと、元気いっぱいなサビ猫あんずに、また会いに来ていただけたら幸いです! 読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

(ヤスダユキ)

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。