初めまして、わが家の3匹 犬は愛をくれる永遠の「相棒」

 モデル業をはじめ、レディス服の店「ハグ オー ワー」、衣食住を提案する「クロス&クロス」のプロデューサーやデザイナーを務める雅姫さんが、3匹の愛犬たちについてつづります。

(末尾に写真特集があります)

 わが家にはトイプードルのもぐら(10歳/オス)に、ピカソ(9歳/オス)、そしてある日、当時浪人生だった娘が連れてきたラブラドールレトリーバ-の保護犬ヴォルス(3歳/オス)の3匹の犬がいます。

左から一番年上の番長もぐら、新入りぺーぺーのヴォルス、ちっちゃい兄貴ピカソ
左から一番年上の番長もぐら、新入りぺーぺーのヴォルス、ちっちゃい兄貴ピカソ

 じつは私のわんこ生活は、これが人生で二度目。

 子供の頃、テレビにかじりつき名作アニメ『名犬ジョリー』や『フランダースの犬』を見ては「犬は人と心が通じあえる動物なんだ!」と感動し、ずっと犬と一緒に暮らすのが夢でした。

 でも共働きの両親の決まり文句は「誰も面倒見れないでしょ……」。話はいつも流されてばかり。

 それから上京して20代に突入、1995年、夫と私といきなり大型犬2匹という念願のわんこ生活がスタートしたのです。

 一見、名犬風のとんでもなくパワフルな犬2匹と共に、何かしら珍事件が起こる破天荒な毎日でした。

 今までの日課にはなかった犬の散歩に、家の中は毛だらけ、いたずらで大事な物は破損され、その片付けに追われ……。犬のおかあさんになった私は毎日がてんやわんや。

 それは私が憧れていたわんこ生活とは全然違うものでした。

 それから数年後のこと。

 犬はあっという間に年をとり、とぼとぼ歩く寂しげな背中が今まで以上に愛おしいという、穏やかな生活になりました。

 いつか別れの日がくると分かっていたけれど、2匹は2008年と2012年にそれぞれ13歳と17歳で遠い天国へ旅立ちました。

 いっぱいの愛をくれるわんこは大切な家族。いつでも味方で永遠の相棒──。

 そして、最初の子が亡くなった少しあとにもぐら、その後ピカソと、再び、小さな相棒2匹との出会いがありました。

ヴォルスがわが家にやって来た数日後。生後4ヶ月、すでにイタズラざかり!
ヴォルスがわが家にやって来た数日後。生後4ヶ月、すでにイタズラざかり!

 老犬たちが去り、娘も大きくなり子育てが一段落。大人になって習い事もはじめ、少しだけ自分の時間がもてる余裕ができて、小さなもぐらとピカソとゆっくりペースで暮らしていた矢先、ものすごい怪獣ヴォルスがやって来ました。20年ぶりの子育ての到来! 2015年のことでした。

 オーマイガーの連続です。

 それぞれ個性爆発な3匹の相棒との愛と格闘の日々。そんな私たちの暮らしぶりをこれから少し、お伝えしていこうと思います。

雅姫
モデルとして活躍、東京・自由が丘で着心地のよいレディス服の店「ハグ オー ワー」と大人のための衣食住を提案する「クロス&クロス」をプロデュース、デザイナーも務める。ライフスタイルを発信する著書多数で『SENS de MASAKI』(集英社)は年2回発行。夫と娘、3匹の愛犬と暮らす。 雅姫 Instagram @mogurapicassowols ハグ オー ワー Instagram @hugowar_vintagechic           HP http://www.hugowar.com/
この特集について
犬と猫とわたし
愛するペットと暮らすおしゃれなファッショニスタたち。犬や猫との忘れられないエピソードや日々のライフスタイルを語ります
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。