はっぴーの兄弟にも対面 やっぱり指しゃぶりをしていた!?

 愛猫「はっぴー」(愛称=ふまたん)は、もともと4きょうだい(メス2匹、オス2匹)だった。保護された後、3家族に分かれて成長してきた。無事に1歳の誕生日を迎えた記念に、“姉妹”猫に対面したのに続き、翌週には“兄弟猫”にも会ってきた。

 はっぴーはキジ模様。その姉妹は三毛とサビ。そして兄弟は黒白で、みんな模様が違う。同じ親から、まったく違う模様の子猫が生まれることは、遺伝の関係でよくあるそうだ。

 4匹は保護した日本動物愛護協会のスタッフに、幸せになるようにと四葉のクローバー(花言葉)にかけて、仮の名がつけられていた。三毛は「あいちゃん」(愛)、サビは「のぞみん」(希望)、キジは「はっぴー」(幸せ)、そして黒白は「まこちゃん」(誠実)。

昨年6月、譲渡会に参加したはっぴー(左)とまこちゃん(ハヤテ)
昨年6月、譲渡会に参加したはっぴー(左)とまこちゃん(ハヤテ)

 猫友達に4匹で写った写真を見せると「なに、この可愛さ~」と、前列に写っていた三毛やサビの女子を誉めたが、私は後列にいた男子が気になった。キジは17年過ごした愛猫ルナに似ているし、黒白猫は、遠い昔に出会った子猫チリーを思い起こさせた……。

 チリーは小学生の頃、我が家の軒先に置き去りにされていた子猫だった。姉と一緒に見つけて、鈴をチリンとつけたら似会いそうだね、と言って命名したのだ。

 でもチリーと過ごしたのは、ほんの30分。母親に「玄関に猫がいる」「飼いたい」というと、「だめ」と即答された。当時一緒に住んでいたおばあちゃんが、猫が苦手だったのだ。

 幼い自分には抵抗する力も知恵もなく、べそをかきながら、親の言う通りに近くの神社に移動させるのが精いっぱい。「幸せになってね」と願って置いてきた。

譲渡会でまこちゃん(ハヤテ)は目だっていました
譲渡会でまこちゃん(ハヤテ)は目だっていました

 そんな切ない記憶もあり、黒白の子猫まこちゃんが、気にかかった。

 譲渡会で実際に対面した4匹は、保護された時の写真より大きくなっていたが、まだあどけなかった。

 「女子チームは、早々に譲り先が決まりました」

 ケージを見ていると、スタッフが教えてくれた、男子チームはまだのようだ。

「まこちゃんは?」と尋ねると、「申し込みが入った」という。振り返ると、書類を書く人の背中が見えた。かつてのチリーとだぶらせながら、「幸せになってね」と私はつぶやいた。

 その後しばらくして、はっぴーをうちで迎えたわけだが、1歳を迎えた5月、愛護協会の取り計らいで、きょうだいたちに会えることになった。

 まこちゃんに会う日、わくわくして、はっぴーに話しかけた。

「兄弟に会ってくるよ。赤ちゃんの時から一緒だったあの『まこちゃん』だよ! どんなふうになったかな」

でっかく成長したはっぴー
でっかく成長したはっぴー

 まこちゃんが住むのは、都内の一戸建て。譲渡会で最初に申し込みをした家とは違う家だった。トライアルをしたが、先住猫との関係でボランティア宅に戻され、昨年9月 新しいご縁を得ていたのだ。

 居間で対面した時、「黒白王子!」と叫びそうになった。

 譲渡会で見た時の幼さがすっかり消え、立派なイケメン猫になっていた。

 はっぴーより一回り小柄だ。でも目元や手足の長さに共通点があるように思えた。

かっよく成長したハヤテ
かっよく成長したハヤテ

「今の名前は、ハヤテ、といいます」

 飼い主の坂本さんがにこやかに説明してくれた。

 坂本家は4人家族(坂本さん、ご両親、おばあちゃん)で、先住猫のアメショーのヒメ(メス、7歳)がいるという。

 きりりとした表情にハヤテという名がぴったり。居間にいたが、我々の来訪にちょっと警戒して、まさに疾風の如く2階に駆けあがり、「で、だれ?」というように降りてきてくれた。

 先にメスがいて後からオス、というのは、イヌオとはっぴーと同じ間柄だ。

 坂本さんは悩みに悩んで受け入れ、迎えてもハラハラしたそうだ。

「一人娘のヒメを大事にしているので、相性が心配でした。だいたい1カ月くらいで馴染んでくれました、今はほどよい距離感で暮しています」

 坂本さんは、姉妹猫のエレナ、ソフィ(元のぞみん、あいちゃん)の飼い主さんの親戚。今年のお正月に、エレナとソフィが家族と一緒に遊びに来たところ、ハヤテは姉妹猫にいきなり威嚇され、プルプル震えたそう。

「猫の場合、一緒に生まれてしばらく過ごしても、それぞれの家に行って成長すれば、きょうだいと再会してもわからないもの」とボランティアは話していたが、それぞれの家に馴染んでいればいるほど、そうなるのかもしれない。裏返せば、今いる場所が幸せ、ということだ。

「仕草とか表情とか、ハヤテは何とも可愛くて」とお母さんが頬を緩めた。

「そういえば、家に来た頃は“後ろ足”を吸ってましたよ」 

“指吸い”は男子チームだけだったのだ。しかも、ハヤテはすでに卒業……。

スマホに映るハヤテと2ショット「かっよこさが半端ないって~指しゃぶりは辞めたいのかい?」
スマホに映るハヤテと2ショット「かっよこさが半端ないって~指しゃぶりは辞めたいのかい?」

「兄弟はかっこよかったぞ~、負けられないね」

 帰宅し、はっぴーを抱きながら報告をした。

 その間もはっぴーは、めっきり重くなった体で前足をチュウチュウ。君がいちばん、甘えん坊なのかも?

「四葉のクローバー」は、それぞれ個性豊かに成長している。

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。