梅雨の晴れ間は日向ぼっこ 猫で感じるお日様のにおい

目付きはいま一つだけど、日に当たって満足しているモモ
目付きはいま一つだけど、日に当たって満足しているモモ

 梅雨の時期、飼い猫は、どう過ごしていますか。

 雨が続くと、人でも身体がだるくなったり、偏頭痛が起きたり、洗濯物が乾かなかったり、イベントが中止になったり、あまり良いことがありませんが、我が家の猫らも、雨が好きではなさそうです。 

 一日中雨が降っている日は、猫らの眠る時間は長くなります。晴れの日ですら、昼間は延々眠っているのに、夜もずっと寝ていたりします。

 野良猫さんの場合は、狩りができないため、濡れない場所で体力温存をしていると言いますから、猫は全般的に雨の日は眠くなる生きものなのでしょう。

 窓の外のジャスミンのツタの中に住むヤモリも、雨の日は雨宿りのためか、窓の外側にへばりついているのですが、猫らはそれに気づく素振りも見せません。

 普段なら、窓の外にヤモリを見つけようものなら、特にサビ猫のあんずは「キャキャキャッ!」と騒ぎ出し、決して手が届かないヤモリに、窓越しの猫パンチをお見舞いするのに。

 肌寒くて、薄い毛布で簡易的なこたつを作ると、“こたつ依存症”のキジトラのモモは素早く潜り込み、ほぼ一日、こたつの中で過ごすようになりました。

 ただでさえ、雨だと部屋が薄暗いのに、真っ暗なこたつで過ごしていたら、陰気な性格がさらに暗くなってしまいそうで心配です。

あんず「あ~、いつもより眠い…」。いつも寝てるけどね
あんず「あ~、いつもより眠い…」。いつも寝てるけどね

 そうこうしているうちに、梅雨の晴れ間が訪れました。

 飼い主は明るい日差しで目を覚まし、「今日は洗濯だ!」と意気込み、いつもよりすんなり身体を起こします。

 そういえば、今朝は猫がドアの外から「起きろー」攻撃してこないな? と思いつつ、寝室を出ると、猫らは窓際を陣取り、日向ぼっこしていました。

「おっ! もう日向ぼっこしてるの。いいねえ。ビタミンDをたくさん作るんだよ」

 猫らにそう声をかけると、あんずは「ニャー!」とご機嫌にお返事。

 モモは“何よ、今忙しいの”とばかりに、束の間の晴れ間を惜しむかのように身体を日光に当て、毛づくろいにいそしんでおりました。

 いつもの朝といえば、あんずがごはんをねだって「ニャーニャー」鳴いたり、食後も私の後をついてきたり、“トイレハイ”で部屋を駆けずり回ったり大騒ぎ。静かなモモですら、やたら甘えて足元にまとわりついてきて、何かと忙しいのですが、梅雨の晴れ間の朝は何だか静か。

 2匹とも日差しを浴びて、熱くなったら床でクールダウン、を何度も繰り返しているようでした。

 ごはんも食べずに日向ぼっこしているのかな? と思ったら、その日は早朝まで起きていた夫がごはんをねだられ、早々にあげていたようです。

 ま、さすがに「日向ぼっこ < ごはん」ですよね。

 日向ぼっこのあとの猫たちは、日光をたっぷり吸収してふわふわで、おひさまのにおい。

 大量の洗濯を済ませた私は、日光浴より、日をいっぱいあびて満足顔の猫を撫でまわし、猫浴にいそしむのでした。

(ヤスダユキ)

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。