野良猫を見送った後に迎えた2匹の子猫 室内飼いを選択

 猫との付き合いが長い家族が、今年2月、子猫2匹を新たに家に迎えた。飼い主の女性は、猫の幸せや人との関わりを改めて考えて、それまでの“出入り自由”な飼い方をやめ、完全室内飼いにしたという。背景には、救えなかった野良猫の死があった。

(末尾に写真特集があります)

 埼玉県川越市。2階建ての住宅の前には畑が広がり、庭先にも色とりどりの花が植えられている。車の通りが少ない静かな環境だ。

「家で猫がお待ちかねです」

 飼い主の柴田久仁子さん(67)が指さす先に、白っぽい猫が1匹。網戸越しに、じっとこちらを見ていた。

きょうだいではないが、小さな時から一緒で仲良し(しろ、ひめ)
きょうだいではないが、小さな時から一緒で仲良し(しろ、ひめ)

「あの子は『しろ』。もう1匹、『ひめ』という子がいます」

 久仁子さんは、60代の夫と20代の息子の3人暮らし。2匹とは今年2月、保護猫譲渡会で出会い、家に迎えたという。「しろ」(オス、約11か月)は人懐こく、ストレートに甘える猫。「ひめ」(メス、約11か月)は憶病でツンデレのお嬢様タイプだという。

「『ひめ』はマンチカンの血が入っているのか、足が短いんです。『しろ』は昔飼っていたキジ猫に少し似ている。夫は孫をあやすように、『おーよしよし』なんて言ってますよ(笑)」

家に寄って来た野良猫

 家には数年前まで、犬のララや、猫のルル、リリが暮らしていた。

「ララとリリは19歳まで、ルルは18歳まで生きました。皆長生きでしたね。でも猫2匹を飼い始めた頃(90年代半ば)は、“出入り自由”な飼い方が多く、うちも外に出していました」

 2匹の猫は幸い大きな病にかかったり、事故にあったりすることはなかった。老衰で次第に弱り、自宅で“大往生”したという。

 看護学校や介護関係の講師をしている久仁子さんは、長年老いや死の問題に向きあってきた経験から、「動物の終末期も、人と同じで、孤独にさせないことが大事」と話す。

「人も動物もひとりで生まれて、ひとりで死んでいく。せめて最期、寂しくないように寄り添いたいといつも思うんですよね。でも今年はじめ、少し後悔することがあったんです……」

ベッド下からこちらを覗くしろとひめ
ベッド下からこちらを覗くしろとひめ

 2匹の家猫の死後、久仁子さんの家には、野良猫が遊びに来るようになっていた。ごはんを食べ、夜になると2階まであがるようになったが、しばらくすると鳴いて外に出たがった。久仁子さんは、「野良だから閉じ込めない方がいいのか」と思い、正式な飼い猫にすることはなかったという。その野良猫が、ある時を境に、姿を見せなくなった。

「どうしたのかなと思っていたら、昨年末、痩せてフラフラになって、よだれをたらして現われました。動物病院に連れて行ったのですが、感染症で、もう手のうちようがなくて……。家に入れて世話をしました」

 ケアをしていて、久仁子さんはさらにショックを受けた。野良時代が長く、トイレはうまくできないだろうと思い込んでいたが、キッチンに大きなケージを置いてトイレを用意すると、粗相することなく、きちっと排泄ができた。

「可哀そうなことをしてしまったな、と思いました。もっと早く、何かしてあげられただろうに、という思いにかられたんです。その猫は私が仕事から戻るのを待って息を引き取ったのですが……心残りで」

足が短くて可愛いひめ
足が短くて可愛いひめ

完全に家の中で

 譲渡会に出かけたのは、その野良猫を荼毘にふした2週間後だった。そこで「しろ」と「ひめ」に出会ったのだ。

「ケージで『ひめ』は寝ていて、その横で『しろ』がちょこんと座っていて、私と目がぱっと合いました。最初は『しろ』だけ迎えようと思ったのですが、預かりボランティアの女の子が“2匹はきょうだいではないけど仲良し。オスがメスの面倒をよく見てきたんですよ”と話すのを聞き、その場で2匹の申し込みをしたんです」

 保護団体と交わした契約は、“完全室内飼い”。でも実は、トライアルの時、飼い方をめぐって家族で意見が少し分かれたという。

「夫と息子は、猫は外で風を感じ、大地を走るのが自然じゃないかと言いました」

 確かに屋外は自由だ。だが、猫同士の喧嘩や感染症などの恐れがあり、事故や道に迷う可能性もある。室内ならそんなリスクを減らすことができる。室内飼いの猫と、外を行き来する猫では、平均寿命に数年の差があるともいう。夫や息子も納得して、今は家の中での猫の生活を守るため協力し、脱走防止も徹底している。

階段で久仁子さんと遊ぶしろ
階段で久仁子さんと遊ぶしろ

「夜になると、2匹で追いかけ合って大運動会。家の中でも運動量は十分に足りていると思いますよ。若くて遊びたい盛り、つきあうのが大変ですけどね(笑)」

 この日も2匹は、2階に上ったり1階に下りたり、動き回っていた。とくに階段がお気に入りのようだ。「しろ」はよく久仁子さんにおんぶをしたり、おもちゃを持ってきて “一緒に遊ぼう”とせがんだりするのだという。

「猫と出会うと、昔可愛がった子たちの生まれ変わりかな、と思うこともあるんですよ。この子たちにも、長生きしてもらいたいです。私も元気でがんばらなくちゃ!」

(撮影 庄辛琪)

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。