ヤクルト、化粧品および食品分野の動物実験を廃止

 乳酸菌飲料メーカーとしてグローバルに事業展開する株式会社ヤクルト本社。同社が、化粧品および医薬部外品、そして食品分野における製品の研究開発や承認申請のための動物実験を全面的に廃止した(*注)ことを、JAVAなど3つの動物保護団体から成る「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB」に対して明らかにしました。

 2018年118日、米国の動物保護団体PETAが、ヤクルト本社が食品の機能性表示のための動物実験を廃止したと同会のブログで報じました。しかし、同社の公式ウェブサイトには、その日時点で、「健康な生活に寄与する食品や医薬品などの開発において効果や安全性を確認するために必要不可欠な動物実験」を実施しているとの記載があり、また、すでに多くのメーカーが廃止している化粧品分野の動物実験について言及がありませんでした。

 そこでCFBでは同社に対して面会を申し入れ、131日、ヤクルト中央研究所研究管理センター所長、同安全性研究所所長、同化粧品研究所所長、ならびにヤクルト本社広報室お客さま相談センター長の4名に面会。同社の動物実験方針の真相を質しました。

 その際、日本国内でのみ展開している化粧品・医薬部外品についてはすでに動物実験を取りやめていることがわかりましたが、グローバルに展開している食品・飲料品については基本的に動物実験を行わない方針であるものの、日本独自の制度である「トクホ(特定保健用食品)」では国への承認申請時に当局から動物実験が要求されるケースがあり、その場合は行うということが示されました。

 CFBからは、面会後、改めて同社に対して、国への承認申請時に要求された場合にも動物実験を行わないという姿勢を明確にしてほしいと書面にて要望。その後の交渉や確認作業を行った結果、316日付の書面にて、上記ケースも含め、化粧品および食品分野における動物実験は実施しないとの回答を得ることができました。

 ぜひ、ヤクルト本社に対して、この方針を支持、称賛するメッセージを送ってください! 

*注「市販後の事故等を含む法的義務もしくは各国の関係当局からの指導等を考慮し、社会に対して製品や成分の安全性の保証が必要な場合で、かつその方法が動物実験しかない場合」を動物実験を行う例外として挙げています。また、同社は食品事業、化粧品事業のほかに、医薬品事業も行っていますが、医薬品分野の動物実験は今回の決定の対象外です。

この特集について
from 動物愛護団体
提携した動物愛護団体(JAVA、PEACE、日本動物福祉協会、ALIVE)からの寄稿を紹介する特集です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!