下半身不随の猫との出会い 一人の青年からつながった命のバトン

保護した猫トラマサくん(現・海くん)と再会した木川昌彦さん
保護した猫トラマサくん(現・海くん)と再会した木川昌彦さん

うめき声をあげる瀕死の猫、放っておけなかった

「夜に帰宅する途中で、マンションのそばの木の下から悲痛な鳴き声がして。猫が出産でもしてるのかな?と思ったんですが……」

 とあるキジトラ猫との出会いを語ってくれたのは、千葉県内に住む木川昌彦さん(29)。都内の飲食店で働きながら、フリーで舞台への出演や歌手活動を続けている青年だ。うめき鳴く猫と遭遇したのは、2016年6月30日。最愛の飼い猫の1匹が亡くなったばかりだったという。

(末尾に写真特集があります)

「近づいて見ると、後ろ足が動いていない。僕の膝にしがみつきながら鳴き続けたんです。助けを求めるように。うちではこれ以上、猫は飼えない。面倒を見ることができないのに助けるべきか……。葛藤はありましたが、放ってはおけませんでした」

 翌朝、猫を急いで動物病院へ連れて行くと、膀胱が激しい炎症をおこし、命の危険を伴う尿毒症になりかかっていた。入院することになったその晩に受けた連絡は、「骨盤が激しく折れている。交通事故でしょう」。治療費は高額だ。しかも、「歩けるようになるかどうかも、わからない」ということだった。

保護して間もない頃。推定約4歳(木川昌彦さん提供)
保護して間もない頃。推定約4歳(木川昌彦さん提供)

猫の飼い主が見つからない 「一刻も早く手術を…」

「現実的にひとりでは限界があり、周囲の友人や仕事先の知人などに『ほんの少しでも募金という形で助けていただけたら』とお願いしました。今できることはしてあげたくて、と。何人も『協力する』と言ってくれました。『ちょっとしか出せないけど』と言いながら、直接、千円札を渡しに来てくれたり。みんなの優しさに涙があふれました」

 人なつっこさから、「飼い猫かも」と思ったという。しかしマンション中を訪ね歩いても、誰も知らない。飼い主は見つからなかった。

「退院後も、オシッコは垂れ流し。ペットシーツを敷いてもはいずって動いてしまう。ずっとつらそうに鳴き叫んでいるし、僕自身がパニックでした」

 この先、どうすればいいかわからない。サポートを求めて必死でネット検索した末にたどり着いたのは、東京都墨田区にある保護猫カフェ「CATS&DOGS CAFE」だった。

 店長の吉田智恵子さん(53)は、「電話相談は丸投げで困ることのほうが多い。でも、この人は信頼できると声でわかった」と、振り返る。その日の晩に、CATS&DOGS CAFEへ。受診のために2人で考えた猫の名は、「トラマサ」。

 翌日、吉田さんがトラマサくんを同区内の横尾動物病院に連れて行くと、さらに尿道断裂が判明した。横尾清文院長は「手術したほうが……」。「いつ?」「今日」。

 常に指名で予約が埋まっている院長が、当日の手術を提案する。一刻も早い処置が必要だという意味だ。木川さんは「連絡を受けて、絶句しました」。

 骨盤と尿道を形成する手術を受け、トラマサくんは入院を続けた。手術代に検査代、入院代も加わり、治療費はふくらんでいく。どう捻出するか? 木川さんが入院中のトラマサくんと面会した日、吉田さんが提案した。「チャリティーライブをやろうよ」。

保護猫カフェでライブ 支援の輪が広がった

 退院が決まったのは、1カ月以上経った8月12日。チャリティーライブは同月 27日に行われた。その頃には吉田さんの呼びかけで多数の支援者が集まり、ライブは感謝も込めた「トラマサご支援お礼の会」となった。木川さん自身の歌と言葉で、支援者にお礼を伝えた。
さらに寄付金が加わり、治療費を補うことができたという。

保護猫カフェで過ごすトラマサくんに会いに来た木川さん(吉田智恵子さん提供)
保護猫カフェで過ごすトラマサくんに会いに来た木川さん(吉田智恵子さん提供)

「トラマサご支援お礼の会」。トラマサくんが鳴くたびに歓声が起きた。「みなさん本当に温かい人たちでした」と木川さん(吉田智恵子さん提供)
「トラマサご支援お礼の会」。トラマサくんが鳴くたびに歓声が起きた。「みなさん本当に温かい人たちでした」と木川さん(吉田智恵子さん提供)

助けた猫と久しぶりの再会 感無量で離れがたく

 その後、トラマサくんはトイレでの排尿もできるようになり、少しずつ歩けるようになった。そして、半年をCATS&DOGS CAFEで過ごした2017年の春、新しい飼い主となる中島尚子さん(50)と出会う。

 トラマサ改め、今の名は「海(かい)」くん。中島さんは、「海は亡くなった先住猫の1匹『ガム』と同じキジトラで、縞模様の入り方までそっくり。もともとほかの猫を希望していたし、うちにはもう1匹『天』がいるので迷いましたが、保護猫カフェで海にべったりだった『歌舞吉(現在は陽くん)』といっしょに迎えることにしたんです。同居する息子たちも、いいんじゃないと言ってくれて」と話す。木川さんが海くんを保護した日が、偶然にもガムくんの命日だったと知ったのは、今回の取材が決まってからだった。

保護猫カフェにいた頃のトラマサくんと歌舞吉くん(吉田千恵子さん提供)
保護猫カフェにいた頃のトラマサくんと歌舞吉くん(吉田千恵子さん提供)

「直接お礼を言いたい」という木川さんは、中島さんへの取材にも同行してくれた。

「トラマサ〜。俺のこと覚えてる?」と、久々の対面に感無量
「トラマサ〜。俺のこと覚えてる?」と、久々の対面に感無量

 中島さんは、海くんを飼ううえでの不安はあったという。「でも、いっしょに暮らしてみると、熟睡しているときにちょびっと漏らしてしまうときがあるくらい。後ろ足の動きはぎこちないけど、かわりに前足の力が強く、よく頭を使って動いているなぁと思います。ゆっくりだった階段の上り下りも、今では走るようになって」。

 そんな話を聞くうちに、海くんは陽くんを追いかけて、階段をダッシュ! 木川さんは「めっちゃ元気。信じられない! 走ってる!」と驚き、そして笑う。

「木川さんから繋がった命。会いに来ていただけて嬉しいです」と中島さん。「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」「はい」。2人はかたい握手をかわした。

海くんをなでながら、中島さんと会話を交わす
海くんをなでながら、中島さんと会話を交わす

「じゃあね、トラマサ」。仕事の時間が迫り、海くんに別れを告げる木川さん。しかし立ち去ることができない。「……ああ、離れがたい」。

 優しくなでて、何度も「じゃあね」を繰り返す。それから、満足げな笑みを浮かべてその場をあとにした。「幸せなおうちにいられて、本当によかった」と、つぶやきながら。

(本木文恵)

<トラマサくん(海くん)の出身団体>

CATS&DOGS CAFE
2010年、東京都墨田区に開業した保護猫カフェ。店主自らも野良猫のTNRや保護を行い、新たな飼い主との縁をつないでいる。多頭飼育崩壊の現場や動物愛護センターなどから犬の保護も行う。
東京都墨田区向島5-48-1
公式HP http://cats-and-dogs.cafe/cafe/
ブログ https://ameblo.jp/cats-dogscafe/

本木文恵
編集者・ライター。1級愛玩動物飼養管理士。猫に関連する雑誌・書籍の編集や執筆を行う。2020年より猫の本専門の出版社「ねこねっこ」を運営。担当著書に『猫からのおねがい 〜猫も人も幸せになれる迎え方&暮らし』(監修・服部幸先生)など。愛猫はキジ白と茶白の2匹。https://neco-necco.net

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。