来客時に姿を消すビビり猫 一体どこに隠れているの?

「猫の縦列駐車。前はあんず。後ろはモモ。」
「猫の縦列駐車。前はあんず。後ろはモモ。」

 我が家のビビり番長・キジトラ猫モモについて、最大の謎があります。

 それは、来客の際、一体どこに隠れているのか?ということです。

 モモが隠れる場所のレベルは2段階あり、第1段階は「ピンポーン」とチャイムが鳴り、宅急便が来たとき。

 お客さんは玄関先でとどまり、すぐにいなくなるため、モモはソファの陰やテーブルの下でビクビクするのみに留まります。

 そして第2段階は、室内まで私と夫以外の客人が足を踏み入れたときです。

 お客さんは玄関先で留まるかもしれない……と考えるモモは、とりあえず身動きの取れる場所でこちらを伺うのですが、いよいよ室内まで入って来るや否や、

“キターーーー!!”

 とばかりに、すっ飛んでどこかに姿を隠してしまいます。

 我が家は玄関からリビング、夫のスペースにかけて仕切りがないため、猫が自由に歩き回れるようになっています。

 その中で最も物が多く、ゴチャついた部分である夫のスペースにモモは逃げ込むのです。

 お客様とリビングで話をしていても、モモは物音ひとつ立てません。

 人懐っこいサビ猫あんずが「ニャーニャー」と楽しそうにしていても、お客さんがいる限りは絶対に出てきません。

 私がどんなに呼んでも出てこないし、モモがいそうなところを覗いてみても、姿が見えないのです。

 机の下、タンスの下、棚の裏側、本棚の陰、ギターの裏、釣り道具の隙間……。

 “♪君はどこにもいない~”なんて、よくありそうな歌が1曲できそうです。

 隠れられそうな物が多いにしても、入念に探しても見つからず、窓は締まっているけど、どうにかして外に出てしまったんじゃないか、というくらい姿を消してしまうのです。

 以前、姉が車で我が家にやってきて、部屋で少し話した後、そのまま車で私も実家に帰省しようとしていたとき、モモはやっぱり家の中で姿を消しました。猫たちのことは夫に任せてありましたが、実家で1泊するので、モモがいないまま家を出るのも心配で、20分かけて探しましたが、無理でした。

 でも、お客さんがいなくなると、1分も経たないうちに、どこからともなく出てくるので、もう探すのはやめることにしたのです。

 一度だけ、隠れているモモが見つかったのは、モモが初めてうちに来た日のことです。

 保護宅から初めて我が家に来たモモは、隠れられるところを一生懸命探して走り回っていました。しばらくそっとしておくと、物音が聞こえなくなりました。モモを探そうとしましたが、やっぱり全く見つかりません。

 必死に探すと、ギターのアンプ(スピーカーのような箱型の音響機器)の後ろの四角い窪みに、モモが逆さまになってハマっていました。

 今はそのアンプはなく、アンプがあった場所には、猫トイレが設置されているので、隠れることはできません。

 そもそも、身体が大きくなったモモではどうやっても隠れられないのですが、夫のゴチャついたスペースに隠れるのは相変わらずのようです。

 子猫の頃なら、わずかな隙間に隠れられるのもわかるけど、4キロを超え、ちょっとお腹がたっぷりしているモモが、どこにどうやって隠れているのか、謎のままです。

 今後引っ越しをするときか、大掃除をするときに、モモの毛がたまっている場所がみつかるのかもしれません。

 (ヤスダユキ)

 

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。