モッコモコ猫はこたつで丸くなり でも、隠れるのは別の場所?

胸毛がモコモコのモモ
胸毛がモコモコのモモ

 最近、一段と存在感の薄い、我が家のキジトラ猫・モモ。


 冬場は、こたつ依存症になるため、まるで野良猫のように、たまにしか姿を現しません。食事やトイレ、遊びの時間にはひょっこり出てきますが、それ以外はほぼこたつの中。


 なので、近頃、この連載には相棒猫・あんずの様子ばかり書いているような気がしています。


 モモはあんずに比べて毛の密度が高く、冬毛に生え変わってからは一段とモッコモコ。室内で厚手のコートを着ているようなもので、とても寒そうには見えません。しかも、都内の11月は、そう気温は下がりません。


 もちろん、あんずもこたつに入りますが、飼い主が在宅中は、膝の上に座ったりなど、人間に身体を密着させることで“適度な保温”を保っています。

 

こたつから顔だけ出し、何やら訴えているあんず
こたつから顔だけ出し、何やら訴えているあんず

 モモは食事やトイレ以外、自分が甘えたい時も、こたつから出てきてゴロンと横になり「ニュウ~~」とハスキーボイスで誘ってきます。そんなときは、体中をコロコロとこねてあげます。


 話が反れますが、冬場の猫の胸毛部分って、たまらなくかわいいですよね……。モモは冬毛になると、全体的に丸くなるので、ふわっふわのモコモコになり、愛らしさが増します。冬場は「丸い! 愛らしい~~」なんて言いながら、胸毛を愛でています。


 モモはこたつに入り浸っているとはいえ、良く食べ、よく出し、遊びにも少しだけ参加し(1年中それほど遊ばない)、甘えたりもしているので、体調が悪いということもなさそうです。


 むしろ、最近は皮膚病がすっかり良くなってきて、快適そうです。この連載でも度々書きましたが、ほぼ毎日の投薬のおかげです。


 かゆみと、かゆみがあったときのクセ(?)で、お腹をなめすぎて、お腹の毛が薄くなったり、皮膚が固くなったりしていたのですが、冬毛に生え変わったタイミングで産毛が生え、皮膚が固い部分もなくなりました。


 寒いわけでもなさそう、体調も良さそう……。では、安心できるからこたつにいるのか?と思うと、どうもそうとは限らないようです。


 先日、我が家に母と姉が遊びに来たときも、モモはこたつの中にいました。


 モモは来客が苦手なのですが、こたつに入っていれば大丈夫だろう、と思いきや、こたつからビュッと飛び出してきて、テレビの裏側の隙間10センチくらいの所に身を隠してしまいました。


 隙間をのぞくと、ぎゅうぎゅうに詰まった状態で、恨めしそうに私を見るモモ……。前にも何度か母と姉、来たことあるんだけどな……。


 なぜその時、こたつよりテレビの裏の方が安全だと判断したのかは謎ですが、こたつはモモにとって安住の地ではないようです。


 ということは、人間と同じように“こたつの引力”のようなものに引っ張られて入っているのでしょうか。私もこたつがあれば、ずっと入ってしまいますから……ひと(猫)のことは言えません。冬場は、こたつに動きを奪われても、仕方ありませんね。


(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。