猫なのに、あきらめない心?! 同居猫はちょっと迷惑…

意思をもって、鳴くあんず
意思をもって、鳴くあんず

 サビ猫のあんずは、我が家で最も強い意志を持つ生き物です。


 この連載で何度かご紹介しましたが、自分が遊びたくなると、「ニャーニャー」鳴いて、我々人間に遊んでもらうまで決してあきらめません。


「あきらめたら、そこで試合終了だよ…」なんて教えた覚えはないのですが……。様々な局面であきらめの良い飼い主としては、そのあきらめない心には脱帽するばかりです。


 もちろん、あんずが望む限り、いっぱい遊んであげたい気持ちはあります。心身の健康のためにも、遊びは毎日必要です。


 しかし、最近は1日に何度も要求することがあり、無視を決め込むこともありますが、最終的には「しょうがないなー」と、決してあきらめない心を持つあんずが勝利し、遊ぶことになります。


 しかし、いささか問題があります。


 それは、散々「遊びたい!!」と強い信念を持って意思表示してきたにもかかわらず、「今日は、これで遊ぼうか~」とおもちゃをけしかけると、急に冷めてしまうことが多いのです。


 おもちゃを振ったり、床を走らせるように動かしても、あんずはただ見ているだけということも……。

 

あまり関心がないおもちゃにはそっけない
あまり関心がないおもちゃにはそっけない

 それで、「じゃ、遊ばないね」と言って、おもちゃを片付けると、「にゃにゃにゃぁぁ~」と鳴いて追いかけてきて、また遊びたい意思表示をしてきます。


 つまり、あんずは私が出したおもちゃが気に入らなかっただけで、遊びたい気持ちは変わらないのです。


 おもちゃは20種類近くあるのですが、最近はおとなになったせいなのか、おもちゃに対する目が厳しくなったのか、なかなか盛り上がってくれません。


 昨日まで気に入って猛烈に追いかけていたおもちゃも、急に飽きたりするので、こっちも大変です。


 私「今日はこれかな~?ニョロニョロで楽しいよ~」


 あんず「……(それじゃないんだよな)」


 私「じゃ、こっちか!羽好きでしょ?」


 あんず「……(なんか盛り上がらない)」


 私「これがあった!パタパタ音がして興奮するよ」


 あんず「……(昔は楽しかったけどね)」


 私「やっぱり最近はこれ好きだよね?キラキラのやつ」


 あんず「……(バカの一つ覚えなの?)」


 ※()内はあくまで予想です。


 まるで、食事に行くときに「何でもいい」と言いつつ、「ラーメンで」と提案すると「ラーメンは嫌」、「じゃ、牛丼で」「牛丼以外」と言う女子のよう。


 しかし、ここで私があきらめても、またあんずの“鳴きの催促”が始まるので、何の解決にもなりません。あんずが気に入るおもちゃを選ぶことを私があきらめることは、許されないのです……!


 私「これでどうだー!先っちょにふわふわが付いてるやつ!」


 あんず「ニャ~(しょうがないな)」


 最終的に、こんな感じで、あんずはおもちゃを追いかけ始めます。


 でも、“しょうがないな”といった感じで妥協したおもちゃの場合は、早めに遊ぶのをやめてしまうのです。


 最初から“これだよ!うぉぉぉぉぉー!”と追いかけているおもちゃの場合は、息が上がって倒れる寸前まで遊び続けます。


 妥協した場合は、私と遊んだ後も満足せずに、一人で勝手に走り出したり(最初からそうすればいいのに…)、同居猫のモモにちょっかいを出したりしています。


 モモも遊び(というか、取っ組み合い)に応じますが、迷惑そうに隠れてしまうことも。


 なので、あんずが満足しないと一番迷惑なのは、モモなのかもしれません……。ごめんね、モモ。モモのためにも、あんずに楽しんでもらうよう努力したいです。


(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。