講演会「殺処分ゼロ時代の課題」 譲渡会も同時開催

21日の譲渡会に参加予定の保護猫
21日の譲渡会に参加予定の保護猫

 日本動物愛護協会(JSPCA)は21日、東京都渋谷区松濤のヤマザキ動物専門学校で、獣医師の西山ゆう子さんによる「殺処分ゼロ時代の日本の課題」と題した講演会を開く。講演では、犬などの「殺処分ゼロ」を達成する自治体がある一方で、犬や猫を引き取っている動物愛護団体の負担が増していると指摘する。


 全国で犬や猫の殺処分を減らす運動が広がり、いくつかの自治体では実際に「殺処分ゼロ」を達成している。


 保健所など自治体の施設に収容された犬猫が、殺処分を免れるケースは、(1)新しい飼い主に引き取られる「譲渡」、(2)動物愛護団体が引き取る「移動」、(3)元の飼い主が判明して戻る「返還」……の3つに分けられるが、西山さんは動物愛護団体の引き取りの問題点を指摘する。


 動物愛護団体、個人ボランティアは、常に保護猫や保護犬をたくさん抱え、過剰に引き取った結果、「2次崩壊が次々に起きはじめている」というのだ。そうした現状とともに、本当の意味の殺処分ゼロについて考え、医療ネグレクト問題や、原点の不妊去勢手術にも触れながら、問題を提起していく予定だ。

 

7月にあった前回の譲渡会
7月にあった前回の譲渡会

 また当日は、同校の敷地内にあるレインボーホールで「譲渡会&小さな命の写真展~猫Ver&犬Ver」も同時開催される。今回の譲渡会には成猫9匹、子猫17匹、老犬1匹の計27匹が参加する予定だ。


 日本動物愛護協会は「今回の譲渡会には、多頭飼育崩壊現場から救出された猫たちも5匹ほど参加します。犬や猫のおかれた現状の写真展も開催するので、小さな尊い命について考えてもらえればうれしい」としている。


(藤村かおり)

 

◆講演「殺処分ゼロ時代の日本の課題」
日時: 10月21日(土) 13:00~15:00(12:30開場)
会場: 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物専門学校 本校舎7階
(東京都渋谷区松濤2-16-5 渋谷駅より徒歩15分、神泉駅より5分)
参加費:一般500円 HPでの事前申し込みは、http://www.jspca.or.jp/
問いあわせ先(公財)日本動物愛護協会 事務局 03-3478-1886
* 譲渡会&写真展のみは参加費用無料・申込み不要(10:00-16:00)
◆西山ゆうこさん
1986年北海道大学獣医学部獣医学科卒業。Wilshire Animal Hospital, VCA Petville Animal Hospital 勤務を経て、ロサンゼルス郊外にVillage Veterinary Hospital を設立。現在は拠点を日本に移し、アーク(アニマルレフュージ関西付属動物病院)、神奈川県動物愛護協会付属動物病院などに勤務。シェルターメデイシン、保護動物の医療アドバイス、動物の末期医療などを担当。ペットの不妊去勢手術、特に早期不妊去勢手術の国内普及に貢献し、「不妊去勢の母」とも呼ばれている。また動物虐待の防止、動物法に関しても広く活動を行っている。
【著書】「小さな命を救いたい」「アメリカンドリーム」「Saying Goodbye」「アメリカ動物診療記」「いい獣医さんに出会いたい!」など。
藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。