保護猫に出会えるゲストハウス 世界の猫好きがやって来る

取材時、シェルターには9 匹の保護猫と譲渡対象ではない3匹のスタッフ猫が暮らしていました
取材時、シェルターには9 匹の保護猫と譲渡対象ではない3匹のスタッフ猫が暮らしていました

 福岡市博多区に、猫好き注目の宿泊施設がオープンしました。保護猫シェルターを併せ持つゲストハウス「ねこ蔵(くら)ホステル」です。動物愛護センターから殺処分間近の猫を救出し、一時的に保護しながら飼い主を探す「猫シェルター」と「飲食店」が1階、ドミトリータイプの宿泊施設が2階という造りで、猫たちのエサ代や里親探しにかかる運営費用を宿泊代や飲食スペースの売り上げから捻出するというスタイルです。


(末尾に写真特集があります)


「もともと個人で近所の野良猫の保護やTNR活動をしていたのですが、保護猫ボランティア団体の『福ねこハウス』さんと知り合い、皆さんが私財を投じて保護活動をしている現実を見たことがきっかけで、このようなアイデアを考えました」と話すのは運営会社DM都市開発株式会社マネージャーの森信子(しなこ)さん。「相部屋やドミトリータイプのベッドに馴染みのない日本の方が『猫のために』と勇気を出して予約して泊まってくださったり、定期的に飲食スペースに来店してくださる方もいます。シェルターの清掃や猫トイレ掃除まで手伝ってくださる方が多く、ありがたいです。里親探しも順調で、オープン以来4匹が正式譲渡に至りました。世界中の猫好きさんが集まっていますので、まずは皆『my cat!』と愛猫の写真を見せ合うんですよ。言葉が通じなくても猫のことでコミュニケーションが取れ、楽しく過ごしていただいています」。


 観光が支援になり、保護猫と里親がつながり、さらには世界中の猫好きたちが友だちになれる─この仕組みが軌道に乗れば、同様の施設を増やしていきたい、と森さん。九州を訪れる際は、ぜひ宿泊候補に!


(取材・菅野治)

 

ねこ蔵ホステル

◉ 福岡県福岡市博多区千代4-7-86

◉ TEL:092-409-2242

◉ 定休日/年中無休

https://www.nekokura.co.jp

 

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた連載です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。