学生の心を癒やす犬や猫 米国の「セラピーアニマル」とは?

セラピー猫のスモーキーは学生たちの心を癒やす大切な存在
セラピー猫のスモーキーは学生たちの心を癒やす大切な存在

 日本でセラピー犬(や猫)が活躍する場としてまず思い浮かぶのは、老人ホームや病院などだが、アメリカでは裁判所や大学キャンパスにも広がっている。司法の場で活躍する犬(コートハウスドッグ)については、またいずれ書くことにして、ここでは学生たちへの精神的サポートのためにキャンパスを訪問する犬や猫のことを紹介したい。


 ワシントン州ベリンハムにあるウエスタン・ワシントン大学(以下、WWU)では、期末試験を控え、ストレスがピークに達している学生たちにひとときの安らぎを与えるため、2009年から年2回、セラピー犬(12頭前後)とセラピー猫(1匹のみ)チームの訪問を受け入れている。

 

図書館内で、セラピー犬(猫)の訪問スケジュールを告知するポスター
図書館内で、セラピー犬(猫)の訪問スケジュールを告知するポスター

 チームというのは、動物とハンドラー(飼い主)のこと。どのチームも、セラピーアニマルの全国組織であるペット・パートナーズなどの団体から認定を受けている。


 犬や猫のあの温かい体に触れ、柔らかな毛をなでることがどれほどストレスを軽減するか――。動物が好きな人にとっては、まさに「癒し」。WWUでは多くの学生が実家から離れ、寮やアパートに住んでいるため、自分のペットがそばにいない。遠方から来ている新入生の中には、ホームシックになる人もいるらしい。そんな学生たちに、キャンパスの中で動物とふれあう機会を与えることは、彼らの精神的安定に役立ち、学力の向上につながると大学側も認識しているのだ。

 

セラピー犬キャリーに癒される学生たち
セラピー犬キャリーに癒される学生たち

 セラピー犬(猫)の訪問期間は、期末試験が始まる前の1週間と試験中の1週間で、合計2週間。その間は大学図書館の一角がセラピー犬コーナーとして確保され、そこに行けば犬たちに会えるようになっている。

 

セラピー犬コーナーに寝そべるセイジとハンドラーのジェニー
セラピー犬コーナーに寝そべるセイジとハンドラーのジェニー

 私は唯一のセラピー猫であるスモーキーが来る日に合わせ、キャンパスを訪ねた。広々とした図書館に入ると、隅っこの一番落ち着けそうな場所にセラピー犬コーナーがあった。キャバリエとコッカースパニエルのミックス犬キャリーとゴールデンレトリバーのセイジは、それぞれ床に広げたブランケットの上に寝転び、学生たちになでられて気持ちよさそうにしている。


 11歳になる猫のスモーキーは、2011年からこのキャンパスに来ているため、おおぜいのファンがいる。この日は日曜日だったが、スモーキーに会いたくてわざわざ大学に来た、という学生もいた。


 3年生のアリシアもその一人。1年生のときからスモーキーに会いに来ているという。


「初めての期末試験のとき、すごいストレスだったのが、スモーキーがすっかり吸い取ってくれたの。それ以来、ずっとお世話になってます(笑)」

 

大人気のセラピー猫、スモーキー。もうすぐ引退
大人気のセラピー猫、スモーキー。もうすぐ引退

 スモーキーの飼い主で、セラピー犬セイジのハンドラーでもあるジェニーは、この大学の卒業生。母校にセラピー犬の訪問プログラムがあると知り、猫もどうかと提案したのが始まりだったという。大学図書館は、最初、猫については半信半疑だったそうだが、とりあえず一度トライして様子を見ようということになった。その結果、スモーキーはまたたく間にみんなの人気者となり、今日に至る。


 まったり、もふもふのセラピー猫スモーキー。もうすぐ引退とのこと、おおぜいの学生たちに惜しまれるにちがいない。

大塚敦子
フォトジャーナリスト、写真絵本・ノンフィクション作家。 上智大学文学部英文学学科卒業。紛争地取材を経て、死と向きあう人びとの生き方、人がよりよく生きることを助ける動物たちについて執筆。近著に「〈刑務所〉で盲導犬を育てる」「犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと」「いつか帰りたい ぼくのふるさと 福島第一原発20キロ圏内から来たねこ」「ギヴ・ミー・ア・チャンス 犬と少年の再出発」など。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

この特集について
人と生きる動物たち
セラピーアニマルや動物介在教育の現場などを取材するフォトジャーナリスト・大塚敦子さんが、人と生きる犬や猫の姿を描きます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。