我が家に大勢お客さん! 人なつこい猫と、ビビり猫の反応は?

あんずが最近ハマっているポーズ“ねこめしや”
あんずが最近ハマっているポーズ“ねこめしや”

 我が家は、お客様の来ない家。“ビビり番長”の猫「モモ」がいるから、ということも多少ありますが、それ以上に私が“ウェルカム感”を醸し出していないからだと思います。


 ウェルカム感を出さない一番の理由は、片付けが苦手だから。汚部屋ではないけれど、物が多くて散らかっているのです。お客様が来ることを想定したインテリアでもないため、座るところも用意されていません。


 そんな我が家に先日、脱衣所の工事以来、久々にお客様がやってきました。


 しかも、sippo内で公開される記事の「撮影」のためでした。この連載の著者として猫との暮らしを話しつつ、プロのカメラマンさんが2匹の写真を撮ってくれるというものでした。


 人なつこいサビ柄猫の「あんず」は、きっとお客様が来てもビビることなく、もてなせるだろうと予想されましたが、ビビリのキジトラ猫モモは、ほぼ100%の確率で隠れてしまうだろうな……。


 女性ばかりとはいえ、4人の人がうちに来ることなんてないので、大ビビりすることは間違いない。こんなことなら、お客様に慣れてもらっておけば良かったな。


「モモは、隠れて出てこないと思います。それでも、大丈夫ですか?」


 このお話を受ける前に、担当のHさんに相談しました。すると、


「大丈夫です!もし出てきたら嬉しいですが」


 というお答えだったので、取材を受けることにして、日程が決まりました。


 “もし出てきたら”か……。今までは、初対面の方がモモに会えることはなく、“見かける”のが精いっぱいでした。子猫のとき、瀕死のモモを拾ってくれた命の恩人に対しても、面会を拒んだモモ(無理やり引きずり出して会わせましたが)。Hさんが、モモが出てくる可能性が1%でもあると思っていたら申し訳ないなと思いつつ、当日を迎えました。


 我が家が撮影の場になるというのに、さっぱり片付けをする気になれず、「まっ、猫がメインでいる部屋だけなんとかして、片付かないものは他の部屋に追いやればいっか!」


 と、当日の午前中に荷物を他の部屋に追いやり、掃除機をかけて皆様をお迎えしました。普段は比較的後ろ向きなのに、こんな時ばかり前向きな自分が残念です。


 “ピンポーン”


 最初に、担当のHさんがやってきました。あんずは少し緊張しながらも、Hさんに興味をもってすぐに近寄っていきました。


「あんずちゃん!」


 Hさんは猫を飼ったことがあるというだけあり、猫の接し方はお手の物。おもちゃも持ってきてくれて、私より遊び方が上手でした。すっかりHさんに慣れたあんず。


「あんずちゃんは、表情がありますよね」


 そんな嬉しいお褒めの言葉をいただき、飼い主バカの私は大喜び。2人と1匹の間に和やかな空気が流れていましたが……。


 一方、モモはいつも通り“ピンポーン”で逃げ、Hさんが部屋に入ってきたことで、さらに身体を固くしてキッチンに潜んでおりました。


「モモ~! モモちゃ~ん!!」と呼ぶと、身の危険を感じたのか、キッチンからサッサーと、出てきて、カーテンで仕切った“開かずの間”(荷物を追いやったスペース)に隠れてしまいました。


「慣れたら、いつか出てくるかもしれないし」


 私とHさんは、希望的観測をもって話し合いましたが、心の中では“二度とモモを見ることはないだろう”という確信がありました。Hさん、すみません……。


 さてさて、モモは出てくるのでしょうか。次回に続きます。


(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。