猫が出迎えに来ない かわりに恐ろしい事件が待ち構えていた!

おまわりさん、容疑者はこいつです
おまわりさん、容疑者はこいつです

 玄関のドアを開けたとき、猫が出迎えてくれるのは至福の瞬間です。

 しかし、出迎えに来ないときもあります。そんなときは、以下3つの理由が考えられます。

(1)眠い

(2)警戒している

(3)何か気まずいことがある

 サビ柄猫のあんずは、ほぼ出迎えてくれます。出迎えに来ない場合もほとんどは、私が部屋に入ると、のっそり起きてきて、「あ、帰ってきたの?」とばかりに、“猫のび”をして、大あくびをしながら迎えてくれます。

 一方、ビビり猫のモモは、良くて1週間に1度くらいしか出迎えてくれません。ほとんどが(2)の警戒しているからであり、「もしかしたら、ドアを開けたのが家の人じゃないかも……」とでも思っているのか、私が「ただいま~」と言うまで顔を出しません。

 しかも、あんずの陰からこそっと見るだけなので、その用心ぶり&自己防衛本能には関心させられます。

 そして(3)「何か気まずいことがある」という場合は、とても怖いことが待っています。うちの猫にとって「気まずいこと」は、いたずらが見つかることなのです。

 先日は、出迎えに来ないと思ったら、買ったばかりの「靴の除湿剤」が、外袋からかじられていて、穴だらけになって散乱していました。

 それを見た瞬間、血の気が引きました。

 もし中身を食べてしまっていたら、どうなっちゃうんだろう……すぐに病院に連れて行かないと……。

 でも、猫たちはいたずらが見つかった「気まずさ」で一定の距離を取っているものの、とりあえずいつもと変わらない様子です。

 かじられた除湿剤をよく見ると、除湿剤の本体は無数に穴が開いているものの、中身はほとんど出てきていませんでした。外袋に厚みがあったおかげかもしれません。

 少しほっとして、ネットで「猫 除湿剤 飲み込み」で検索してみます。

 すると、ペットや子どもが、お菓子の乾燥剤や防虫剤を飲み込んだ場合の対処法として、水や牛乳を飲ませてすぐ病院とか、乾燥剤でも種類によっては、体外に排出されるからそれほど心配ないとか、防虫剤の場合は牛乳を飲ませちゃダメとか、色々な記事が見つかりました。

 除湿剤に関するものは少なく、ペットの誤飲についての記事は見つかりませんでしたが、子どもの誤飲の場合は「それほど心配ない、様子見」というようなことでした。(※あくまで、私が検索してみた結果です。事実と異なる可能性があります)

 今回は、飲んでいないようだし、大丈夫だろうと様子を見ていましたが、エサは食べるし、吐きもしないし、元気に遊ぶし、全く変わりありませんでした。

 しかし、普段はそれほどいたずらしない猫らが除湿剤をかじったのはなぜだろう。しかも、それほど分かりやすい場所に置いたわけでもないのに……。

 予想されるのは、除湿剤のガサガサと、猫砂が袋に入っている状態のガサガサが少し似ていること。モモは猫砂の袋をかじるのが大好きで、袋をやぶってしまったことが何度かありました。

 なぜ袋に入った猫砂や除湿剤をかじるのかわかりませんが、久々にヒヤッとした出来事で、改めて危なそうなものは、きちんとしまっておこうと反省しました。

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。