かわいい盛りの子猫時代の写真が少ない!? その理由

目線はしっかりいただきました
目線はしっかりいただきました

 この連載も50回を超えました。毎回読んでくださっている方が2~3人でもいらっしゃれば大変嬉しいのですが、回を重ねるごとにお気づきの点がないかと、心配しています。

 

 それは、写真……。

 

 写真が、まぁ下手なのです。写真がイマイチだから、読んでいない方も多いかもしれませんね……。

 

 猫ブログにも関わらず、致命的な欠点だと言えます。

 

 最初から認識していて、「いっつもソファでくつろいでいる写真ばかりだなぁ……もっと別の視点で撮りなよ!ってか、部屋を片付けておしゃれにしないと恥ずかしいよ!」と自ら突っ込みながら、相変わらず進歩がなく、困ったものです。

 

 思えば、猫を飼う前は、会社の昼休みに様々な犬猫ブログを見るのが息抜きだった頃もありました。

 

 その時は「私もペットを飼ったら、毎日写真撮りまくるぞー。どの瞬間も、逃したくないよね! 写真撮るなら、部屋をおしゃれにしないとネ!」……なんて妄想をしていました。

 

 また、犬猫ブログには、一番かわいい赤ちゃん時代の写真が少ない印象があって、その点は疑問でした。子犬、子猫時代に、もっと撮影しておけばいいのに、もったいない、と思っていたのです。思っていたのですが……。

 

 実際、飼ってみて、よくわかりました。

 

 写真を撮ってる暇なんかあるかーい!!

 

 特に、赤ちゃんの頃の写真が少ない理由は、よくわかります。

 

 我が家の猫らは保護されて、家に来たのは生後5カ月ごろ。人でいうと赤ちゃんから幼児くらいには成長していましたが、まだまだかわいい盛りでした。が、その頃の写真が極端に少なく、2枚くらいしかありません。

 

 家に来て1カ月くらいは何となく落ち着かず、物陰で寝ていたり、私から遠いところでくつろでいたりで、家には緊張感が漂い、写真を撮る余裕などありませんでした。

 

 なんとか撮れるのは、エサを食べているときや、遠くから盗み撮りばかり。それも猫は緊張した表情をしていて、かわいさはイマイチなのです…。

 

 猫のお世話にも慣れず、時間を取られるので、ブログを書く暇もありません。実は、猫が家に来る直前に張り切って開設したブログがあるのですが、「これから猫が来るので、おもちゃや寝床をそろえたよ」という浮かれ気分の1回目で更新が止まっています。

 

 猫が登場する前の1回きり、内容は空っぽの猫ブログ。パスワードを忘れてしまい、消すことすらできません。

 

 今では猫も慣れて写真は撮り放題なのですが、猫って、動きますよね?(当たり前)

 

 遊んでいるところなど、躍動感のある写真を撮ろうとしても、ブレブレになってしまいます。

 

「あっ、今カワイイ顔した~!」と思っても、その瞬間は過ぎていて、結局動きのない、まったり顔しか撮れないのです。

 

 犬猫ブログの管理人の方々は、常にカメラ(高性能)を持っていて、いつでも撮影できるようにしているんでしょうか。たくさん撮った中から選びに選んで、ブログにアップしているのかもしれません。

 

 猫を飼う前より、今のほうが、犬猫ブログを公開している飼い主さんたちを尊敬してやまない私です。

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。