猫トイレの「設計」は様々 おしっこ吸収の抜け穴と盲点

妙な形で寝るのがブームのモモ
妙な形で寝るのがブームのモモ

 前回、前々回と猫砂について書きましたが、今回は砂を入れるトイレについてお話ししたいと思います。トイレ連投ですみません。トイレ選びって本当に重要なのです。

 猫のトイレといえば“システムトイレ”が主流です。プラスチック製のトイレ容器と、専用の猫砂やおしっこマットを使うことにより、掃除が便利だったり、ニオイも気になりにくかったりするというものです。

 我が家では、猫を迎えることが決まったとき、最初のトイレを深く考えずに量販店で購入しました。そのときは、きちんと設計されたものであれば、どれも同じだと思っていました。しかし、「設計」にも様々あって、向き、不向きがあることを知ったのは、1年くらい経ってからのことでした。

 我が家の初代猫トイレは、ドーム状のふたがついたシステムトイレで、猫砂の下は網状になっており、砂の上でおしっこをすると、一番下に敷いたおしっこシートに吸収されるという構造でした。

 おしっこシートは吸収力が高く、取り換えるのは1週間に1度くらいで大丈夫。臭いはほとんど気になりません。猫砂は指定されておらず、好みの砂を入れて、汚れた部分を捨ててながら使っていきます。

 初めての猫飼いだったので、あまり考えずに「こんなもんかな」と思いながら使用していましたが、このトイレには2つの問題がありました。

(1)猫砂の下の網に、おしっこでふやけた猫砂がつまって不潔

(2)その網の掃除がものすごく大変

 つまり、網につまった猫砂に翻弄されるシステムトイレだったのです。

 今思えば、紙の砂はふやけて詰まりやすいため、このシステムトイレとの相性は最悪でした。この網のトイレを使うなら、鉱物系や木の砂を選ぶべきだったのでしょう。

 しばらくは、網に詰まった猫砂をいちいち綿棒で取るという、大変な掃除を続けていました。

 そして、2~3年経ち、もとのトイレが古くなったので、今のトイレに買い替えることに。2代目のトイレは、網に翻弄されない、おしっこシートもない、砂だけを入れておけば良いシステムトイレにしました。

 今のトイレは工夫がなさそうな何の変哲もないトイレですが、洗うときの手間がかからないので気に入っています。

 しかし最近、また新たな問題があることに気が付きました。このトイレでは、猫の体調を調べるために、おしっこを採取することができないのです。なぜなら、構造上、おしっこは全て砂に吸収されてしまうからです。

 初代の網がついたトイレなら、おしっこシートを敷かないでおけば、おしっこは下にたまるので、楽におしっこが採取できたのです。最近、太り気味のモモのおしっこを採取して病院で調べてもらうためには、また網タイプを買うしかない……。

 トイレって奥が深すぎて、本当に難しい。画期的なトイレと猫砂って、いつか出てくるんでしょうか。

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。