警察犬「アル」が退任 9年半495件出動、本部長賞誉2度

警察官たちに拍手で見送られるアル=広島県坂町
警察官たちに拍手で見送られるアル=広島県坂町

 第22代広島県警警察犬のアルバート・オブ・グリーンフォレスト号(愛称アル、10歳、オス)が21日、9年半にわたる任務を終えた。同日、広島県坂町の県警察学校で退任式があり、警察官たちが功績をたたえ拍手で見送った。
 

 ジャーマンシェパードのアルは、温厚で人なつっこい性格。計495件の任務に当たり、強盗事件の容疑者宅を足跡から特定するなどし、2度の本部長賞誉(しょうよ)と、刑事部長賞を受けた。人間の70歳に相当する高齢になり、退任が決まった。

 

 

広島警警察犬を退任したアル=広島県坂町
広島警警察犬を退任したアル=広島県坂町

「あきらめない気持ちをアルから教えてもらいました」。退任式で鑑識課警察犬係の中島弘道巡査長は涙ながらに語った。2010年、自殺を図ろうとした高齢男性が行方不明になり、3日ほど経っていた。臭いが薄れ発見が難しくなっていた。だがアルは雑木林内で臭いをたどり、男性を発見したという。中島さんは「ありがとうと伝えたい。ゆっくり休んでほしい」。

 

 アルは今後、三原署の職員に引き取られ職員宅で暮らす。退任式では歴代の鑑識課長らも出席し、ドッグフード1年分などが贈られた。

 

(高島曜介)

 

 

広島県警警察犬を退任したアル=広島県坂町
広島県警警察犬を退任したアル=広島県坂町
朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。