なぜ? 猫シャンプーの次は、夫がかゆみで悶絶!?

暖かくなってきたので、ぎゅうぎゅうで日向ぼっこしています
暖かくなってきたので、ぎゅうぎゅうで日向ぼっこしています

 猫の入浴。

 

 それは、猫にとっても、ヒトにとっても、大変しんどいものです。少なくとも、我が家にとっては。

 

 前回は、肛門絞りを断念したものの、猫用シャンプーでガシガシ洗浄しました。

 

 あとはシャワーで流して乾かすだけ! 猫もヒトも、ラストスパート。頑張れ!

 

「ナ~ン!」

 

 一旦落ち着いていたのに、シャワーをかけると、また猫のモモが嫌がり始めました。

 

 どうやら、お湯につかること以上に、シャワーをかけられる感覚の方が嫌みたい。

 

「ナーン!! ナーーン!!!」

 

“始まった 悪魔の鳴き声 ナーンナン”

 

 鳴き声による恐怖感を紛らわすために、そんな“一句”を心の中で詠みながら、シャンプーを流しました。

 

 こんな悲しそうな声で鳴かれると、かわいそうに思って、うっかり手が止まってしまう。

 

 でも、かわいそうだからこそ、さくっと終わらせなければ。

 

 猫だけど濡れねずみになり、身体がすっかり細っそくなったモモをタオルで拭きます。

 

 猫は、犬みたいに身体をプルプル振って、水分を散らすのはやらないんですね。(誰への問いかけか分かりませんが)

 

 浴室から脱衣所に出たモモは少し落ち着いて、ホッとしたのもつかの間、今度は夫が大声をあげました。

 

「かっ、痒いぃぃー!」

 

 腕をバリバリかきむしる夫。

 

「ダメだ、きっとシャンプーだ」

 

 そう言いながら、洗面台でざぶざぶ腕を洗い流し始めました。

 

 夫は敏感肌の持ち主。どうやら、猫用シャンプーがお肌に合わなかったようです。

 

 私は何ともないので、猫に大量のノミがいたわけではなさそう。

 

 しかし、オーガニックをうたっているシャンプーなのに……人間のシャンプーより高いのに……高麗人参エキス配合なのに……(これが悪いのか?)

 

 こんなに人間がかゆがるなんて。こんなもんで猫を洗っても大丈夫なんだろうか……。

 

「かゆいー、死ぬ-」

 

 悶絶する夫。

 

 痒さのあまり(敏感肌による)、絶命した人っているのかな……。

 

「かゆい、かゆい」と腕を洗って、かゆみ止めを塗りながらも、夫はモモを押さえてくれて、私がドライヤーを当てて乾かしました。

 

 今度は、ドライヤーの音にも風にも怯えていたので、モモの顔周辺をタオルでくるみ、ドライヤーが視界に入らないように配慮します。

 

 短毛ではありますが、毛深くてなかなか乾かない。

 

 しっぽ以外、ほぼ乾いたところで、モモをリビングに放つと、離れた所へすっ飛んでゆき、身体をペロペロとなめて毛繕いを始めました。きれいになったのに、身体を汚された感覚なのでしょうね。

 

 疲れた……あと1匹、この作業が残っているなんて……。

 

 余力があったら、次回も風呂編は続きます。あ、もうお腹いっぱいですか?

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。