猫をお風呂に入れたら、わが家が“化け猫屋敷”に!?

お風呂が大嫌いなモモ
お風呂が大嫌いなモモ

 猫はきれい好き。

 起きている間は、毛繕いばかりしています。

 腕、足、おしりをペロペロ舐めて、顔は招き猫スタイルでクルクル撫でる。足の指(?)をぱーっと開いて、その間も念入りに。私だって、そんな念入りに指の間は洗わない。(洗えよ)

 猫のザリザリした舌で、身体を舐めているだけなのに、獣臭さはないし、見事なものだなぁと感心しています。

 そんなにきれい好きなら、好んでお風呂にも入ってくれれば助かるのに……。

 そう、わが家の2匹の猫は、他の多くの猫と同じように、お風呂が大嫌い。

 たまに気持ちよさげに湯船につかったり、泳いだりしている猫も見かけるけど、実にうらやましい。

 うちに猫らがきて1週間以上経過した頃、元々野良猫なので汚れていたし、抜け毛も多かったので、思い切ってお風呂に入れることにしました。

 お世辞にもよい毛並みとも言えない猫たちには贅沢な、オーガニック猫用シャンプーを買い求めました。私のシャンプーより高いけど、愛猫のためだ。

 そしてよく晴れた夏の日に、猫風呂を決行することに。計画は以下の通りです。

(1)バケツ(たらいがなかった)にお湯を入れ、シャンプーをとく

(2)猫にシャワーをかけ、少し濡らす

(3)猫を持ち上げ、ゆっくりお尻からバケツのお湯に浸す

(4)もう一人が、身体をがしがし洗う

(5)シャワーで流す

(6)タオルドライ

(7)ドライヤーで乾かす

(8)その辺のどら猫が、シャンプーの香りがする、ふわふわ猫に変身!

 こう書くと簡単に見えるけど、実に疲労がたまる出来事でした。

 まず1匹目は、おとなしいモモから。

 シャンプー液を準備してから、モモをだっこして浴室へ。

 床に着地させたまでは、何が起こるのか分からず、おとなしかったけど、シャワーのお湯が出た途端に暴れ出しました。

 足に水が少しかかっただけなのに! 暴れるの早い!

 私の手を離れて夫の肩に乗り、「ナーン! ナーーン!!」と、今までに聞いたことのない声で鳴き始めました。

 おそらく、高いところへ上れば安心という、猫の危機管理能力が働いたのでしょう。

 さらに、モモの緊急事態を聞きつけたもう1匹の猫あんずは、浴室の外から「何が起きているの!? 大丈夫?」とでも言わんばかりに「ウワーンワーーン!!」と、これまた聞いたことのない大声で鳴き出し、狭いわが家が“恐怖の化け猫の館”と化しました。

 あまりにその声が恐ろしく、私はすっかりビビってしまいました。

 こんなに嫌がっているのだから、お風呂なんか入れない方がいいのかな……。

 果たして、初めての猫風呂は無事に決行できるのか。恐怖の化け猫屋敷に訪れる運命やいかに。次回に続きます。

 (ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。