迫り来るミーちゃん、逃げ惑う少女

猫カフェにいた長毛の猫。猫じゃらしにも動じないおとなしさ
猫カフェにいた長毛の猫。猫じゃらしにも動じないおとなしさ

 はじめまして、こんにちは。

 ヤスダユキと申します。

 著名な方々が名を連ねるなか、無名な人間の登場に戸惑っている方、すみません。何者かと申しますと、尊敬する岡本太郎先生のお言葉「肩書きは人間だ」にあやかって「肩書きは猫飼い」とでも言いましょうか。ギリギリ30代のライター…というほど仕事もない派遣社員兼主婦です。

 さて、ヒトの紹介などどうでもいいのです。猫のことです。

 初めて猫を飼ったのは4年前。ずっと猫が好きだったわけでも、飼いたかったわけでもありませんでした。

 むしろ犬派で、猫には嫌な思い出しかなかったのです。

 小学校低学年の頃、近所の団地の亜子ちゃんちに遊びに行ったときのこと。

 玄関の扉を開けるや否や…

 「フギャ――――!!」

 けたたましい獣の声と、ドタバタと家中を何かが駆けずり回る音がしました。

 しかし住人の亜子ちゃんは、その野生味あふれるサウンドに、一切動じることなく言いました。

 「ミーちゃん、お友達だよ~」

 ミーちゃんという名の生き物が出している音にしては怖すぎる…。私と共に招かれた由美ちゃんは、すっかりビビッて、玄関で固まっていました。

 「大丈夫だから、上がって」

 一瞬静かになったので、お化け屋敷を歩く要領で恐る恐る居間に入ると…

 「ミギャァァ―――!!」

 居間では、シャム猫風の気の強そうな大きな猫が、床だけでなく壁や天井まで、スーパーボールみたいに跳ね回っていました。

 「きゃー!」

 私と由美ちゃんは、映画「ジョーズ」の海水浴客みたいに逃げ惑うしかありません。

 私は恐怖のあまり、他人の家の押し入れを勝手に開け、身を隠しました。もしミーちゃんに見つかったら、体中を引っ掻き回されて、バリバリにされるイメージしか浮かびませんでしたから。

 ブルブル震えながら、押し入れの隙間から見たミーちゃんと亜子ちゃん、由美ちゃんが大騒ぎしている光景は、今でも目に焼き付いています。

 そんな私が、なぜ猫飼いになったのか?それはまた次回以降に。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。