2022年も猫づくし! 遊びゴコロあふれる「猫猫寺」、猫住職に会えるかも

「にゃおん」に「にゃんにゃん」が重なり、さらにネコ科のトラ年。そんな2022年にぜひ訪れたいのが、京都の「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」です。

(末尾に写真特集があります)

猫・猫・猫!の寺院型ミュージアム

 京都市左京区、比叡山のふもとの八瀬(やせ)。山と川のおおらかな自然に囲まれたロケーションにある「猫猫寺」は、築100年の古民家で展開される猫づくしの寺院型ミュージアムです。

 猫への愛とリスペクトにあふれ、猫好きが全国、世界からやってくる“聖地”であり、京都の新名所にもなっています。

猫猫寺
もともと神社の敷地だそうで、傍らには2本のご神木が

 玄関を入ると、猫の雑貨やアートがぎっしり。約150人の作家による作品で、ここでしか手に入らないものも多いそうです。

 その先はギャラリーになっており、猫作家・加悦雅乃(かやみやの)さんの作品が、絵画からオブジェまで幅広く展開されています。ジャンルにもスタイルにも縛られない自由さ、しなやかさは、まさに猫のごとく。

絵画
11歳から猫作家として活躍する加悦雅乃さん。右は17歳の時、パリのサロン・ドートンヌ展に入選した「奇抜な神話」

 さらに奥へ進むと、ふすまに22匹の招き猫が描かれた部屋があり、窓から見える比叡山と高瀬川の景色と相まって、別世界へと誘われます。状況が許せば、しばし癒やしの時間を味わいましょう。

ふすま絵
不思議なパワーを放つ「日月22匹招き猫の図」

 また、地下には秘密ギャラリー「22GBar」があり、特別拝観が可能(予約制・別料金)。上とはガラリと変わる西洋の雰囲気の中、猫アートを鑑賞しながらくつろぐことができます。

猫仏様・猫神様にお参り

 最奥の本堂では、ご本尊の大日猫来(だいにちにゃらい)が鎮座。さらに猫観音、猫不動、奇跡のストーリーを持つ天然猫石などがまつられています。

 また、隣の神棚にまつられるのは、にゃが玉、肉球の鏡と剣という三種の猫器(にゃんぎ)、素戔猫尊(すさにゃおのみこと)、猫照大神(ねこてらすおおみかみ)。

 遊びゴコロが満載ですが、単なるお遊びではなく、ご本尊は実際に開眼法要をしており、神棚は神主の祈祷(きとう)を受けているそう。霊験あらたかな本物です。

猫の仏像
大日猫来はどこからでも目が合う八方にらみ

 ご朱印帳やお札、お守り、猫だるまなどの開運グッズも多彩に用意されており、おみくじも引くことができます。おみくじは、猫神様からの鋭く愛のある言葉にハッとさせられることでしょう。

天上画
44名の作家による猫づくしの天井画も見どころ

 存在自体が神々しい猫、猫、猫の世界にどっぷり浸り、猫仏様・猫神様にお参り。さらに猫猫寺ならではなのが……。

会えればラッキー、猫住職

 こちらの住職は本物の猫です。通い(なのに本職)の住職、ここに住む(でも見習い)住職、通いの見習い住職など、立場は様々。猫カフェではないので会えるとは限りませんが、運がよければ遭遇できます。修行中の様子を見ることができる、かもしれません。

 会える確立が高いのが住んでいる見習い住職で、その中の小夏ちゃんが顔を見せてくれました。

猫
見習い住職の小夏ちゃん。穏やかな性格です

 なお、美白猫の小雪住職をはじめとする本住職は、誰にでも平等にやさしく接する「猫格」の高さから住職就任をお願いした面々だそう。

 外には、福を呼ぶと言われる猫、福ちゃんも時折出没するそうです。

猫のように生きる

 猫猫寺の官長、加悦徹さんは神社仏閣を彩色する絵師。副官長の順子さんは羊毛フェルト作家。猫作家の雅乃さんはお二人の長男です。

 そんな家族がここを作ったきっかけは、東日本大震災でした。「生き方を見つめ直し、好きなことをしよう」と話し合い、全員の好きが重なる猫雑貨の店を始め、この場所と出合って猫猫寺へ進化。2020年10月に開運ミュージアムとしてさらなる進化を果たしました。

家族
雅乃さん(中央)のお子さんも誕生し、ファミリーは3世代に(右が徹さん、左が順子さん)。次なる計画もあるそうなので、乞うご期待

「猫のように生きる、がテーマです。猫は何にもとらわれず思うまま生きています。それなのに、いるだけで幸せや喜びをくれる存在です。人間も本来そうであるはず、そう生きられるはずです」(徹さん)

 楽しんだり癒やされたり、開運できるだけでなく、そんな深いメッセージをくれる場所、それが猫猫寺なのです。

 新年は元旦から通常オープン。ただし休み中は混雑が予想されるため、できれば日にちをずらして訪れるのがお勧めです。

【関連記事】まるで「猫の恩返し」 倒産寸前だった旅館、飢えた猫を助けたらお客が増え人気の宿に

石井聖子
猫依存症の名古屋在住ライター。幼少期は犬、亀、鶏、インコと暮らし、猫歴は30年以上。現在は3ニャンズ(と夫)と同居。さらにワンコも一緒に暮らすのが野望。夢は弱い立場にいる動物と子ども、全ての人が一緒に幸せになれる方法を見つけること。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。