まるで「猫の恩返し」 倒産寸前だった旅館、飢えた猫を助けたらお客が増え人気の宿に

 愛知県、渥美半島先端の伊良湖岬近くにある「角上楼」は、伝統と新しさが融合する空間、地元の豊かな食材を駆使した料理が評判の人気宿。そして、猫のいる宿としても知られている。そこには、福を招き、倒産寸前から宿を救った猫がいた。

(末尾に写真特集があります)

伝統ある料理旅館を受け継ぐも

 「角上楼」は愛知県田原市で、昭和の初めに料亭として始まった旅館。跡取り息子として生まれた上村純士さんは、東京でサラリーマン勤めをしていたが、先代の父が亡くなり、1992年に地元へ戻って家業を継いだ。しかし経営はあまりうまくいかなかった。

上村純士さん
上村純士さん

「と言うより全然です。当時は宴会が少しあるくらいで、旅館としては機能していませんでした。その後、結婚を機に一部を改装し、再スタートに挑んだのですが、なかなかお客様に来ていただくことができませんでした」

初代お宿猫タンとの出会い

 このままではいけない、なんとかしなくてはと焦るが、思うようにいかず葛藤する日々。そんな中のある晩、気分転換にと、奥さんで女将の好美さんと一緒に近所の店へ食事に行った帰り、子猫に出会う。駐車場の暗がりに、小さくてガリガリに痩せた、グレーがかった渦巻きじまのある猫がうずくまっていた。

「ちょっと構ったら後をついてきました。じゃあ連れて帰るかと。家には他の猫もいましたが、ついてくるならうちの子になるか? という感じでした。家に着いてご飯をあげると、余程飢えていたのでしょう、小さな体でキャットフードを丼ぶりサイズの器3杯たいらげました。でも食べてからは隅で丸まって、距離を取っていましたね」

 夕食に食べたのが焼き肉で、タンがおいしかった。その帰りに拾った猫ということで、タンと名付けた。

日なたの猫
初代お宿猫のタン。アメリカンショートヘアが混じった雑種の雌猫だった

 不思議なことに、それから旅館がうまく行き出した。

「タンは私たちには相変わらずマイペースな距離を取っていましたが、間もなく、お客さんを迎えに出るようになりました。なぜか飼い主ではなくお客さんによく懐いて、一緒に寝ることもあったほどです。

 そんな風ですから、お土産にキャットフードやおもちゃを持ってきて下さる方もいて、皆さんにとても可愛がられました。そうこうするうちにお客様が増えていき、『こりゃ、招き猫だな』と言っていたんです」

玄関で待つ猫
お客さんを待つ、在りし日のタン

 もちろん宿をよくする努力もしていたし、「縁側の日だまりで猫がのんびり寝ているといった、都会になくなってきた風景が珍しかったのかもしれませんね」と上村さんは言う。しかし、タンは自分を家に迎えてくれたことへの恩返しをしたのでは、福を招いたのでは、と思えてならない。

 上村さん夫婦と出会ったのは98年のことで、タンは約10年、お宿猫の務めを果たし、天国へ旅立った。

跡を継いだお宿猫はミュウ

 上村さん宅は元々猫を何匹が飼っており、今も複数の猫がいる。タンもそうだったが、家と宿が敷地続きなので行き来自由で、猫は自ら気が向いたら宿の方に顔を出す。家から出ない子もいれば、たまに、気まぐれに宿に顔を出す子もいる。

 今いるお宿猫は雌猫のミュウだ。「息子が拾ってきた猫で、初めは気性が荒くてよくかみつきましたが、子供を産んでからやさしくなりました」

白とグレーの猫
白とグレーの美猫、ミュウ

 ミュウは宿の方にいることが多く、外までお客さんを迎えに出ることもある。機嫌がよければふわふわの毛並みをなでさせてくれるし、ひょいっとひざに乗ってくることも。さらにミュウの子供、ミケ猫のミケーラも時々、姿を現すという。

懐かしくて新しい宿

 猫と自然に出会える「角上桜」、宿の特徴や施設についてもご紹介したい。

 本館建物は1925年築の和風木造建築で、手付かずの部分は「登録有形文化財」への登録を申請中(2021年2月現在)。ロケに使われたことも何度かあり、映画「釣りバカ日誌2」の舞台となった部屋「萩」は名物の一つになっている。

 一方で、時代に合わせて随時改装や増築を行ってきており、現在は本館、全室露天風呂付き客室の新館「雲上楼」と別邸「翠上楼」、さらに近くにあった築200年の旅籠をリノベーションした別館「井筒楼」という4つの棟がある。部屋は昔懐かしいものから露天付き、ホテルライクなラグジュアリータイプまで、多様な中から選べる。

 なお、本館に設けたロビーラウンジは「タンズルーム」と命名されている。また、「ミュウズサロン」と名付けられたスペースでは、お風呂上りにビールなどのお酒や多彩なおつまみを楽しめるサービスを行っている。

宿のラウンジ
ロビーラウンジ「タンズルーム」

 海に囲まれた田原市は、全国有数の農産物の産地でもあり、天然とらふぐをはじめとする新鮮な魚介や、みずみずしい野菜などの地元食材、手作りにこだわった料理も魅力だ。

「高級旅館ではありませんが、いい宿でありたいと思っています」と、女将の好美さん。

 その真摯な姿勢が生む宿の真価が評価され、「ミシュランガイド(日本版)愛知・岐阜・三重 2019 特別版」では、「特に快適」(3つ星相当)な旅館に選ばれた。

 懐かしさと新しさ、おいしい料理を味わいに行けば、お宿猫が出迎えてくれ、一緒に癒しの時間を過ごせるかも。そんな宿には、猫と猫のいる風景に会いたくて遠くから足を運ぶ人も少なくない。福猫お宿物語は、今もなお続いている。

和味の宿 角上楼
〒441-3617 愛知県田原市福江町下地38
TEL 0531-32-1155

【関連記事】「猫の恩返し」で人生を救われた ジェームズ・ボーエンさん

石井聖子
猫依存症の名古屋在住ライター。幼少期は犬、亀、鶏、インコと暮らし、猫歴は30年以上。現在は3ニャンズ(と夫)と同居。さらにワンコも一緒に暮らすのが野望。夢は弱い立場にいる動物と子ども、全ての人が一緒に幸せになれる方法を見つけること。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。