今でも思い出す そうめんを前に宇宙一可愛い顔をする猫の「クッキー」

猫のイラスト「竹脇家の毛むくじゃら日記」
巨大ティーカップはお気に入りの寝床

(末尾に写真特集があります)

切れ長の美しい猫「クッキー」

 猫の名前を呼ぶとき、どうしても自分流に呼んでしまう癖がある。

 今までに登場したアトムは「アトミュン」、カヌレは「カヌピョン」という風に、好きの気持ちがついつい前のめりに出てきてしまう。愛称が付けづらい名前には最後に「たん」や「ちゃん」、を無理やり付けてしまうこともしょっちゅうだ。

 今回の主人公クッキーも、クッキーと正しく呼んだ記憶はほとんどない。

 いつも「クーニャン」と呼んでいた。

 中国語っぽい響きなのでちょっと調べてみると、発音はよくわからないけれど「お嬢さん」のような意味らしいのだが、クッキーは切れ長の目をした美しい男の子だった。

猫のイラスト「竹脇家の毛むくじゃら日記」
頼りないクーニャンによりそう優しい犬のさくらちゃん

小首をかしげる小柄な子

 動きがゆっくりで、小柄なクーニャンは、生後半年くらいの大きさで竹脇家の庭にたどり着いた。

 その時、小首をかしげたまま歩くので、すぐに獣医に連れていくと、三半規管に問題があるらしいとのこと。

 それ以外は別段問題なかったけれど、ほわほわしていて妙に頼りなげなので、すぐに「うちの子」になってもらった。

 クーニャンは、いつも私のベッドの上に長々とねそべり、たまに年の近い仲良しのセナとじゃれては、首をかしげながらトトトトトッと小さく走ってみたりして、なんともチャーミングだった。

 そしてちょこんと座ってこちらを覗きこむ姿は、あの「蓄音機の横にいる白い犬」によく似ていた。

猫のイラスト「竹脇家の毛むくじゃら日記」
クーニャンの面影を持つ、あの犬の置物は今も本棚に飾っている

ソーメン、チョーダイ!?

 ある夏の日、そんなクーニャンが突然タタターーンッと、見たこともない速さで食卓に上がってきた。

 竹脇家の猫たちは、食卓にのることを特に禁じられていない。

 母も魚を香り高く調理したような、猫が狙いそうなメニューは絶対に食事に出さなかったので(後でわかったことだけれど、母は焼き魚や魚の煮つけがそもそも好きではなかったらしい)、いつも綿菓子のようにはかなげなクーニャンのその俊敏な動きに、家族全員びっくり仰天した。

 しかも、その時のメニューはそうめんと野菜の天ぷらだったので、みんなでキョトンとしてしまった。

 けれど目をキラキラさせたクーニャンは、「ソーメン、チョーダイ!」と鳴きだした。

 瞬間的に目で交わした家族会議の結果、1本くらいならいいかな、ということなり、代表で母が目の前にそうめんを1、2本置くと、クーニャンはうれしそうにそれを食べ始めた。

 猫の健康を考えると塩分の強い人間の食べ物はご法度だが、このときばかりはつい、「もう1本食べる?」「私もあげてみたい」と、甘やかしてしまった。

 そしてその日を境にそうめんが食卓に並ぶときは誰かがクーニャンガードをすることになり、ただでさえずるずると慌ただしいメニューなのに、より一層慌ただしくなってしまった。

猫のイラスト「竹脇家の毛むくじゃら日記」
大好物がやってきた!

 それでもキラキラとお裾分けを待つ瞳に一人屈し、二人屈し、ついには全員からちょっとずつそうめんをもらうクーニャンは、なかなかの策士だったのかもしれない。

 今でもそうめんをゆでると、クーニャンのあの、小首をかしげてそうめんを見つめる宇宙一可愛い顔を思い出さずにはいられない。

猫のイラスト「竹脇家の毛むくじゃら日記」
お母さんには、そこ、お花畑に見える

 地上から旅立った猫たちは、いつも記憶の引き出しから突然ひょっこりと顔を出して、私の五感をくすぐる。

 旅立った時のことも思い出してしまうのは辛いけれど、一緒に過ごした、その何倍もの楽しい時間と思い出を前面に押し出して、今夜のメニューは夏の残りのそうめんにする予定だ。

冬のコフレ2021
竹脇麻衣さんがパッケージのイラストを描いたボディクリームが「コスメフルフリ」で予約販売中。香りは、ラベンダーゆず、ネロリローズ、かりんローズ、ダブルミントの4種類。猫ラベルシリーズの売り上げの一部は保護猫活動に寄付されます。商品の詳細はこちら

【関連記事】育児疲れもなんのその!覚醒した姉に育てられた子猫たち 面倒見のいい姉弟猫に成長

竹脇麻衣
青山学院大学法学部卒業後、セツ・モードセミナーに入学。在学中より、イラストレーターとして活動を始め、ねこや動物たちをモチーフに、ユーモアのあるのんびりとした世界を表現している。絵本「明日もいっしょにおきようね―捨て猫、でかおのはなし」(草思社)の絵を担当。細密画のぬり絵本「花と猫とどうぶつの物語」(コスミック出版)など。https://www.takewaki.info

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
竹脇家の毛むくじゃら日記
イラストレーターの竹脇さんが育った奥深い住宅地。この場所で日々繰り広げられていた、たくさんの猫たちと犬たちの物語をつづります。たまにリスやもぐらも登場するかも。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。