猫「りお」へ、あなたと家族になれて本当に幸せ 〈お手紙コンテストグランプリ〉

三毛猫
りお

 sippoが主催した「みんなイヌみんなネコお手紙コンテスト」から、グランプリを受賞した作品をご紹介します。

猫:りお
飼い主さん:ayurio

 親愛なるりお様

 私の背後でおなかを出して、すぴすぴ寝ているあなたの寝顔をチラチラと振り返りながら、久しぶりに手紙というものをしたためています。せっかくなので、普段あなたに聞いてみたいと思っていたことを尋ねてみようと思います。

 まず……どうしたら抱っこを好きになってくれますか?ナデナデは大好きで、ちっちゃな頭をグリグリ押し付けたり、仕事中にキーボードの上にドカッとおなかを見せて寝転がったりするくせに、抱っこするとすぐにイヤイヤするあなた。

 誇り高き三毛猫として、デレデレばっかりせずにツンなところも見せなきゃ、って思っているのかもしれませんね。ならば仕方ありません。ちょっとさみしいですが、その意思は尊重しましょう。

 また、深夜に寝ている私の顔をフンフンと嗅ぎにくるのはなぜですか?夢うつつでいつもあなたの「フンフン」という鼻の音と共に、私の口や鼻にくすぐったさを感じるのですが、これは生存確認でしょうか?それならキャットタワーの上じゃなく、最初からそばで一緒に寝てくれたらいいのに……チビの私がわざわざ広いセミダブルベッドで寝ているのは、四方八方あなたがどこで寝ても大丈夫なようになのですよ。

 でも、私が具合が悪くて一日中寝ていた時は、あなたもずっとそばにいてくれて、私の鼻の頭をペロペロなめてさえくれました。今まで一度もなめてもらったことがなかったので、あなたの優しさに包まれて、ザリザリ痛くても天にも昇る心地でした。

 元気になったらすっかりなめてくれなくなり、具合の悪いふりをしてもつれなく見透かされてしまいますが、あなたに心配かけないように元気でいますね。

 ところで、自分では一番のチャームポイントはどこだと思っていますか?ごまときな粉をまぶしたおはぎのような三毛柄でしょうか。ぽちっと茶色いお鼻でしょうか。微妙に短い手脚でしょうか。いまだに名前を覚えず、いつもテレビ電話であなたに「おい、猫」と呼びかける実家の父が、それでも毎回ほめてやまないこぼれそうなほど大きくパッチリしたおめめでしょうか。何か催促する時に私をペンペン叩く、そのしなやかに伸びたしっぽでしょうか。たくさんありすぎて私には決められないのです。きっとあなたはしれっと「ぜんぶ」って答えるのでしょうけど。

 さて、とりとめなく書き連ねてしまいました。でも、一番聞きたいことは……あなたはうちに来て楽しく幸せに過ごせていますか?

 あなたと出会ったのは初めて訪れた保護猫カフェでした。混雑していて所在なげに腰掛けた長椅子の隅で寝ていたのがあなたでした。

 よく寝ているので近づいて良いものか遠慮していたのですが、あなたは薄目を開けてこちらを見るとトコトコとやって来ました。緊張する私をよそにピタッと体をくっつけると、するんと丸くなり、またスヤスヤと寝てしまいました。そこでひざには乗ってこないところがいかにもあなたらしいのですが……とにかくこの時、私の心の真ん中にもあなたがストンと腰を下ろしたのです。運命なんて言うと大げさかもしれませんが、あなたも私に何か縁を感じてくれたのかな、と勝手に思っています。

 猫と暮らすのは初めてで至らぬ私ですが、あなたと家族になれて毎日本当に幸せです。同じように幸せを感じてもらえるよう、これからも遠慮なくあなたのワガママで振り回してくださいね。

 あなたの下僕より、愛を込めて。

 追伸、気位高い女の子に大変言いづらいのですが……最近、ちょっと太りましたよね……?おやつはすこーし控えましょうね。

◆「お手紙コンテスト」の受賞作は、こちらのページからもご覧いただけます。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。