大病にたらいまわし……暗い目をした保護猫は、今では私の大切な宝物 雑種「ミレ」

<sippoストーリー>
ミレ/女の子/雑種/1歳11カ月
普段の呼び名:ミレちゃん・ミレたん。先住はウォル君(3歳・男の子・スコティッシュフォールド)
飼い主さんのニックネーム:ウォルミレママ

■名前の由来はなんですか?
韓国ドラマ好きなママの影響です。ウォルは「月」温かく照らしてほしいを込めて。ミレは「未来」苦労はもう絶対にさせない。

■出会ったきっかけはなんですか?
先住ウォル君が2歳になった時、保護猫を迎え入れたいと探すために「ペットのおうち」サイトがきっかけです。保護猫でも成猫、ハンディがある子にしたかったので、その希望条件で探しました。子猫はもらいい手がすぐ見つかるからです。ミレちゃんの募集タイトルは「奇跡のねこ」。このタイトルに目が留まり、さらに説明文には、茨城県で瀕死状態のところを保護し、漏斗胸で4カ月間集中治療室で手術治療を行いました。

奇跡の回復力で通常の生活が送れるようになってから、譲渡募集をし8カ月間飼い主がいましたが、保護団体にもういらないと返された経緯が。生まれた瞬間から苦労の連続で、この募集記事に涙し、すぐに応募しました。保護団体は、かわくじアニマルレスキューさんです。

家にきたころの「ミレちゃん」

■今回選ばれた写真はどんな時に撮った写真ですか?
毎日たくさん遊びます。朝4時から朝晩2回20分ずつママとのじゃらしタイム、その後はフェルトボールでひとりサッカー、キャッチミー、ウォル君(先住)と鬼ごっこ、トータル2時間のフルコース。 来月で2歳ですが、まるで子猫のような遊びへの探求心と集中力があります。 子猫時代は遊びたくても遊べなかったのはママがよくわかっています。飽きるまで好きなだけ遊ばせてます。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
2020年9月のトライアルは1カ月半に及びました。預かりボラ宅→入院4カ月間→愛のない飼い主8カ月間→預かりボラ宅→そしてうちでのトライアル。このわずか1年の間に5カ所も住環境が変わり、目は鋭く、暗い表情で、目を合わせてくれない子でした。覚悟のうえでのことでしたが、ウォル君との対面に至るまでマニュアル通りにはいかず、ウォル君への威嚇・攻撃がひどく、飛びかかる・上になって押さえつけ首を噛む毎日に悩みました。

おっとり穏やかで反撃しないウォル君は体調を崩し、動物病院のかかりつけ医からも「トライアルなら返したほうがいい」と 連れていくたびに言われる始末。攻撃は私への愛情不足なのかと、毎日付きっ切りで遊んで、愛情を注ぎ努めました。ウォル君がどこまで耐えられるか……何よりもうミレちゃんをたらい回しの生活に戻したくなかった……その一心でした。傷ついているからこそ、正常な精神状態ではなかったはずです。

毎日が崖っぷち、目の前でウォル君に覆いかぶさり、首をいつものように噛んだ瞬間に「ダメ!」と駆け寄った際、今まではやめなかったのが、聞く耳を持ってくれて……(涙)。逃げずに腹ばいになって、ママのお説教をじっと聞く……そんな態度は初めてで生涯忘れません(涙)。

聞き入れてくれたこと、ダメといったことを理解してくれたこと、嬉しかったです。こうなってくれたらなんとかやっていけると自信が持てる出来事でした。この時点で1カ月半の最終週でした。

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
ママにとってもミレちゃんにとっても、特に先住のウォル君には一番苦労したトライアル期間でした。 ウォル君が反撃せず、常に穏やかに対応してくれたお陰で、ミレちゃんが軟化し、本来の明るくフレンドリーな女の子になりました。

「とにかく諦めない」この一言に尽きます。 成猫を迎え入れるのは、成猫同士(3歳と1歳)うまくいくまで時間がかかるのも覚悟の上でしたが、想定外の気が強いミレちゃんの威嚇やんちゃには手を焼きました。諦めないでよかったです。貢献してくれたウォル君への深い感謝、ミレちゃんの本来の明るいフレンドリーな子になってくれて、ふたりはママを人として大きく成長させてくれました。多頭飼いはやっぱり素晴らしいです。幸せは2倍ではなく、100倍200倍になります。

■他の飼い主さんに薦めたいグッズは?
ふたりのニャンズご愛好は「ママクックのフリーズドライささみ」。カリカリの上にたっぷり乗せて出していますが、カリカリだけでは食事をボイコットするふたりです。

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
生まれてからうちに来るまでの1年間は辛い経験ばかりでしたね。 ママの胸に顔を埋めて甘える時のミレちゃんを見るたびに、涙が出てしまいます。愛情深いミレちゃんにとって、寂しい子猫時代だったのはママが一番わかっていますよ。インスタでもシンデレラになったと言ってくださる方が多いですが、ママにとってはシンデレラではなく、大事な大事な宝です。毎日ハッスル遊びにも、とことん付き合いますよ。穏やかでのんびりと健康管理しながら長生きしようね。

【関連記事】
今では家族と一緒に眠るのが癒やしに 保護猫カフェで出会ったミックス猫「いちこ」
3日間のお世話ですっかり愛着がわき、手放せずうちの子に 白黒猫「ぴーちゃん」

「sippoストーリー」かわいい写真募集中!
sippoストーリー
かわいいワンコ・ニャンコを毎日1匹、日替わりで紹介します。


<応募方法>
愛犬・愛猫の写真にハッシュタグをつけて投稿してください。
Instagram @sippo_officialをフォロー #sippoストーリー
Twitter @Asahisippoをフォロー #sippoストーリー

投稿された写真をsippo編集部で厳選し、紹介していきます。
※選ばれた方には、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)で直接連絡しますので、入力フォームから情報入力をお願いします。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
sippoストーリー
飼い主さんからの投稿企画です。自然な表情の犬や猫の写真とともに、飼い主さんとペットとのとっておきのストーリーをご紹介します。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。