夏到来!注意したい熱中症 症状と対策、なりやすい犬種や猫種は?

 病気やトラブルから犬や猫を守るため、飼い主さんにぜひ知っておいてほしい知識を、シリウス犬猫病院の院長、石村拓也獣医師が教えてくれます。連載13回目は熱中症についてです。

熱中症ってどんな病気?

 夏本番!暑くなると飼い主にとって気がかりなのが「熱中症」ですね。

 熱中症は重症になると命の危険があるとても怖い病気のひとつ。今回は熱中症の症状や対策についてなどをご紹介したいと思います。

「熱中症」とは体温をうまく下げることができないことによって生じる様々な症状の総称を言います。

 ヒトは汗をかいて体温を下げることができますが、犬猫はヒトと同じような汗腺は足裏にしかなく、ヒトと比べると体温調節があまり得意ではありません。

 犬は暑さにさらされると、口を開けて大きくハアハアと浅い口呼吸(=パンティング)をして体温を下げようとします。猫は基本的に鼻で呼吸をする動物なので、犬のようにパンティングで体温を下げようとすることはまれです。猫がハアハアと口呼吸をしているときは要注意サインです。

 熱中症の初期にはこのパンティングがさらに早くなり、目や口の中が充血してきます。さらに熱中症が進むと呼びかけに鈍くなったり、けいれんや嘔吐(おうと)・下痢を引き起こすことも。すぐに動物病院に連絡して受診しましょう。

 重篤化すると心拍低下、呼吸不全、ショック状態を起こしやがて死に至るとても怖い病気です。

<初期症状>

  • パンティング
  • よだれが大量に出ている
  • 結膜などが充血、うっ血している
  • 頻脈(心拍数が増加している状態)

<重篤化した場合>

  • ぐったりして意識がない
  • 下痢、嘔吐、震え
  • 意識消失、けいれん発作
  • 呼吸困難

犬の熱中症
熱中症の初期にはパンティングが早くなり、目や口の中が充血する

熱中症かな?と思ったら

 まずは、動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう。

 そして早めに体を冷やすことが大切です。涼しい場所に移動させ、水を飲める状態だったら水を与えて水分の補給をさせてあげましょう。

 水をひたしたタオルで全身を巻き、保冷剤で首、脇の下、股の間を冷やして体温を下げます。扇風機やうちわなどで風を送ると、気化熱により体からの熱の発散が良くなります。早いうちから冷却を行うと救命率が上がると言われています。

水を飲む犬
早めの水分の補給を

熱中症の予防と対策

① 屋内
 熱中症は、室内でもなる可能性があります。

 夏にエアコンをつけずに閉め切った部屋は予想以上に温度も湿度も高くなるので、留守番中でもエアコンをうまく使って室内を涼しく保ち、安心して過ごせる環境を整えてあげましょう。犬猫が自由に居場所を選択できるようにしておくのが重要です。

 また、留守番時はいつでも水分を取れるようにしておきましょう。市販で売っているひんやりグッズや凍らせたペットボトルなどを置くのもおすすめです。室温や湿度は、犬・猫がいる床付近と部屋の上部とでは異なるので注意しましょう。

② 屋外
 散歩は早朝と夕方がベスト。また日が当たるコンクリートやマンホールはとても暑いので危険です! 柔らかい肉球がやけどしてしまうことも……。犬はヒトよりも地面から近いので、地面からのふく射熱を受けやすいので注意しましょう。

 また、お出かけ時にキャリーケースを利用する方も多いと思いますが、中は熱がこもりやすいので注意してくださいね。こまめに換気をしたり、保冷剤やタオルで巻いた凍らせたペットボトルなどを入れてもいいと思います。

③ 車内
 外気温が25度を越えるような環境下で、締め切った車の中に残すことは避けましょう。興奮しやすい犬などの場合、さらに低い気温でも熱中症を起こすことがあります。自動車移動する場合は、あらかじめ車内を冷房で冷やしておくのもおすすめです。

特に注意が必要な犬種・猫種

① 短頭種
 犬ではパグやフレンチ・ブルドッグ、猫ではペルシャ、ヒマラヤンなどの短頭種は、長頭種よりも気道が短いです。夏場は体内の熱をうまく逃がすことができず、熱中症になりやすい傾向があります。

<犬>

  • パグ
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ブルドッグ
  • シー・ズー
  • ペキニーズ など

<猫>

  • ペルシャ
  • エキゾチック・ショートヘアー
  • ヒマラヤンなど

② 北方原産種、厚い被毛に覆われている犬種
北方原産種は、寒さには強いですが暑さは苦手です。日本の夏には順応できず、ぐったりしてしまうことも。また、厚い被毛に覆われている犬種は、毛の間にこもった熱を逃がしにくくなっています。そのため、暑くなると上手に体温調整ができなくなってしまうんです。

  • シベリアン・ハスキー
  • サモエド
  • 秋田犬
  • ポメラニアン
  • シェットランド・シープドッグなど

③ 肥満・高齢動物
 肥満体形の場合、体内に熱がこもりやすく首の周りの脂肪によって、呼吸機能が低下しやすくなります。

 また、認知機能不全に陥っている高齢動物(特に犬)は、体温上昇ならびに脱水症状を引き起こしやすいため、熱中症に陥ってしまうこともあるので気をつけましょう。

まとめ

 熱中症になってしまったら命に関わることもある熱中症。大切な愛犬・愛猫を守るには、予防対策がいちばん大事です。熱中症の予防は、飼い主様にしかできません。万全な対策とともに暑い夏を乗り切りましょう。

【前の回】梅雨時に増える皮膚炎 「犬アトピー性皮膚炎」はどんな病気?予防方法は?

石村拓也
獣医師。東京農工大学農学部獣医学科卒業。横浜市内の動物病院などを経て、2017年3月にシリウス犬猫病院開院。川崎市獣医師会、日本獣医皮膚科学会、耳研究会、日本獣医輸血研究会所属。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
獣医師さんから
病気やトラブルから犬や猫を守るため、飼い主さんにぜひ知っておいてほしい知識を、シリウス犬猫病院院長の石村拓也獣医師が教えてくれます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。