お店の天袋から落ちた子猫を保護 そこから始まった、猫素人から猫ベテランへの道

保護猫3匹
ヅラ美ちゃん、プサ君、ビッケ君

 京王新線・都営新宿線の初台駅から徒歩3分ほどで、店長の加藤陸さんがセレクトした、カジュアルで着心地のよい洋服が並ぶ「Blue Garden」へ。もともとは動物にあまり関心がなかった陸さんが初めて猫を保護したのは14年前、お店の天袋から壁の隙間に落ちた子猫だったとか。

(末尾に写真特集があります)

「最初はどうしていいかわからなくて困り果てました。消防署にも連絡してレスキューに来てもらったんですが、あまりにも場所が狭くて入れなくて。壁を壊すには大家さんの承諾が必要で……。最終的には暖簾(のれん)を登ってきたまだ300gしかなかった子猫を保護しました」とのこと。

猫を抱く女性
猫好き店長の陸さんとヅラ美ちゃん

 それ以来、陸さんは猫との縁を結び、今では5匹の猫と暮らし、保護猫活動にも積極的に取り組み、ペットシッターとしても活動するようになりました。お店は去年20周年を迎えましたが、残念ながら周囲一帯が建て替えとなるため、去る1月末で閉店。

「今まで100匹以上の猫を譲渡したし、避妊や去勢手術は200匹以上したと思います。お店でも数年前から定期的に譲渡会を開くようになりました。猫との縁のおかげでお客様がお店にも来てくれるようになったり、お友達を紹介してくださったりしたんです」。

 取材日はお店での最後の譲渡会の日で、6匹の猫たちが新しい家族を待っていました。

Blue Gardenの看板
よく目立つ看板には譲渡会の案内も

「猫を飼おうと思ったら、ぜひ一度譲渡会を覗いてもらいたいです。どの猫もそれぞれ個性があって、みんなが特別な猫なんです。とにかく1匹でも多くの猫が幸せな家族と出会えることを祈っています」と熱く語る陸さんは、今では立派な猫派です。
(取材・平野敦子)

Blue Garden◎別の場所で開店を予定しています。

【関連記事】Twitterで「いいね」3万超の猫神社 元保護猫の生き神様3匹が人々に幸せを振りまく

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。