常連さんにはニャーニャー甘えてスリスリ みんなを笑顔にする青果店の4代目看板猫

 京王新線・都営新宿線の幡ヶ谷・初台両駅からともに徒歩15分ほどの、住宅街の中にある「中屋青果店」。1950年から70年以上続く店に立つ、中川欣哉さんと奥様の晧子さんのそばには、4代目看板猫の三毛猫の千夏ちゃん(16歳♀)がいます。

(末尾に写真特集があります)

 先代ご夫婦があまり好きではなかったので猫は飼っていなかったそうですが、息子さんが小学生の頃に縁あって猫を飼うようになったとか。

「おばあちゃんも猫は苦手だったみたいだけれど、3代目のニャーだけは可愛がっていたみたい。あのコは雷が大嫌いで、ゴロゴロ音がすると走って戻っておばあちゃんの懐に入るの。それで可愛くてしょうがなくなったみたいね」と晧子さんは笑います。

三毛猫の千夏ちゃん
スリ~ッと人を招いています

 人なつこさでは千夏ちゃんも負けてはいません。常連のお客様が来るとニャーニャー鳴いて甘え、足に体をすりつけてご挨拶。中には毎日決まった時間に、千夏ちゃんにおやつをあげに来る方もいるとか。お店の前を通りかかかる人はみんな、千夏ちゃんを見つけて笑顔になっています。

 近所の幼稚園の子どもたちに多少手荒く扱われても、決して怒ることはない千夏ちゃんはまさに看板猫の鑑(かがみ)。欣哉さんは「千夏は食べ物につられるわけじゃないんだよな。好きな人に甘えるんだよな」とニコニコ。

秤に乗る三毛猫の千夏ちゃん
秤の上がお気に入り

「そういうお父さんだってもともと猫好きじゃないのよ」と晧子さんが言えば、「うちで飼えば可愛いもんだよ」と目尻を下げて返す欣哉さん。今は息子さんも一緒に切り盛りするお店には、とても和やかな空気が流れているのです。
(取材・平野敦子)

中屋青果店
住所:東京都渋谷区本町5-18-1
TEL:03-3377-0613
営業時間:月~土曜4:00~19:00
定休日:日曜・祝日

【関連記事】59年愛され続ける焼き鳥屋さんの看板猫 目に障害があっても、接客術はピカイチ!

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。