動物病院の看板猫、ぽっちゃりボディでおもてなし 飼い主や子供のファンも多数

 京王線の仙川駅から徒歩10分ほどの場所にある「ドクターオザワ動物病院 世田谷病院」。こちらにはポッチャリ体型の愛くるしい茶トラの看板猫のトム君(17歳♂)がいて、来院する飼い主や動物たちの気持ちをほぐしてくれます。

 縄張り意識があり、なかなか猫とはお友達になれないものの、犬も人も大好きなトム君。「わー、可愛い! お利口さんですね」などとリアクションしてもらうのがうれしいらしく、猫好きの人や、ノリの良さそうな人を見つけては、わざと仰向けに寝転がってみせるとか。

茶トラ猫「トム君」
とても17 歳とは思えない立派なボディです

 院長の小澤剛志先生は「トム君は17歳という高齢なので、無理に体重を減らさず、なるべく好きな物を食べさせています。大好物はアジの開きで、その他にもトウモロコシやあんこ、焼きイモも好きですね」とのこと。

 トム君ファンの飼い主や子供も多く、今している手作りの首輪も、ファンの方にプレゼントされたものだそうです。

「ドクターオザワ動物病院 世田谷病院」の小澤剛志院長と看板猫「トム君」
優しい小澤院長先生が大好き!

 トム君が病院にやって来たのは5年前。高齢のご夫婦と暮らしていたものの、おばあちゃんが入院し、一人残ったおじいちゃんも深刻な心臓病を抱え、何度か救急車で運ばれたこともあったため、院長に「里親を探してくれないか」と相談があったとか。

 結局自宅でも猫3匹、ポメラニアン3匹と暮らす大の動物好きの院長が引き取り、その明るい性格から病院の看板猫に抜擢されたといいます。

 院長曰く「病気は早期発見、早期治療が大事。飼い猫や飼い犬がいつもとどこか違うと感じることが数回続いたら、まずは病院に相談してみてください」とのこと。17歳でものんびりと元気に暮らす、トム君を見習いたいものです。
(取材・平野敦子)

ドクターオザワ動物病院世田谷病院
住所:東京都世田谷区給田3-27-10
TEL:03-3308-6547
診察時間:9:00~21:00(冬季変更あり)
年中無休
公式サイト:http://dr-ozawa-setagaya.com

【関連記事】御利益ある? お腹と背中にハートマーク 材木屋さんの看板猫

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。