昭和感漂う貸本屋の看板猫 助けてもらった恩返しに服着て福招き

入り口のカウンターで3匹がお待ちしております

 交差点での信号待ち、ふと近くのお店に目をやると、「え? 窓辺で寝ているのは猫?」。気になるが信号が青になったので進み、用を済ませて帰りの交差点。行きと同じ格好で猫が寝ているではないか。「ぬいぐるみかな?」。よく見ると、猫は大きなアクビをした。

 宮崎県昭和町の交差点脇にある貸本屋さん「輝きらら」。町名と同じく、昭和の香りが漂う漫画コミックス専門の店である。

道から店内を覗くと……なんとこの光景が!

「昔はどの町にもあった貸本屋ですが、ネットの普及などでほとんどなくなりました。うちもずいぶん前から経営はギリギリです」と、店主の吉谷千鶴子さん。バスガイドや司会業との兼業でお店を維持している。

「2012年のこと、小学生の頃からよく通ってくれた女の子がお店にやってきました。雨の中、捨て猫を拾ったものの、飼うことができずに連れてきたんです」。

 千鶴子さんは特に猫好きではなかったけれど、命を助けようと猫を預かり、自分のご飯を猫に分けてあげた。翌日、猫は千鶴子さんが目を離したすきに消えてしまったが、数日後、続々と子猫などを連れてやってきた。子猫たちは、お店にやってくる人々に甘えた。

 この日を境に、さまざまな人がお店にくるようになった。

「お客さんが猫に服を作ってくれて、着せると楽しそうにポーズを取りました。その姿を見て、猫に会いにくるお客さんが増えたんです」

常連のお客様は猫がお目当て?

「服を着た猫のいる貸本屋さん」は新聞やテレビに取り上げられ、お店は有名になった。

「今でも経営はギリギリですが、猫たちが運んでくる縁に力をもらい、がんばって貸本屋を続けています」。

(取材・鈴木美紀)

貸本輝らら
住所:宮崎県宮崎市昭和町20
TEL:0985-29-0922
営業時間:14:00~22:00(臨時変更あり。要確認)/不定休
ブログ:https://ameblo.jp/kirara5559
Instagram:kirara290922

【関連記事】番頭猫たちとゆっくり、のんびり 猫好きが集う銭湯は楽園だった

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。