三本足の愛犬は最高の友達 可愛いだけじゃない姿もありのままに

漫画家の小田原ドラゴンさんとちょんぴー
漫画家の小田原ドラゴンさんとちょんぴー

 青年誌で活躍するギャグ漫画家の小田原ドラゴンさんが、病気で脚を失った犬との日常を描いたエッセー漫画「ぼくと三本足のちょんぴー」(小学館)を出版しました。2018年10月からインターネットで始めた連載は、今年2月に完結。この漫画に込めた思いを聞きました。

愛犬ががんで脚を切断

――漫画にしたきっかけは

 9年前に犬を飼い始めた当初にも、「動物の話を描いてみないか」という話はいただいていた。ただ正直、その時は描く気にはならなかった。気持ちが変わったのは、犬が1歳の時にがんになって脚を一本切ることになったことです。

「もう前のようには散歩はできないのかな」などと考え落ち込んでいた時に励みになったのが、ちょんぴーと同じように脚が一本ない猫が元気に動く動画でした。だから次に話をいただいた時は、私も漫画を通して誰かの励みになれるのではないかと思いました。

――いつもの作品とは、かなり異なる印象です

 気をつけたのは、ありのまま、創作を入れないように描くこと。漫画のネーム(ストーリー)にはいつも苦労しているけれど、今回は実際にあったことを描くだけなので困りませんでした。ただ、犬の表情には苦労しました。犬は人間のように泣いたり笑ったりしないから、どうやって犬の心情を表現するかが課題でしたね。

可愛いだけじゃない犬の姿

――どんな思いを込めたのですか

 描きたかったのは「可愛い」だけじゃない姿。子犬の頃は夜泣きもするし、大きくなっても毎日散歩に行く。家の中でウンコもされるし、病気にだってなる。夜になれば仕事中でも寝かしつけをしないといけないし、うっかり私も一緒に寝ちゃって仕事にならないこともある。

漫画「ぼくと三本足のちょんぴー」第1巻から(c)小田原ドラゴン/小学館
漫画「ぼくと三本足のちょんぴー」第1巻から(c)小田原ドラゴン/小学館

 でも、飼い始めるときに複雑な手続きはなく、「ペットショップでこんなに簡単に買えるの?」と驚くほど。飼い始めたら犬との生活は続いていくのに、「可愛い」だけを強調して安易に飼われてしまうのは嫌だなと思った。だからこそ面倒な部分もしっかり描こうと思ったし、それで批判を受けても仕方ないと覚悟しています。

――ちょんぴーの病気を経験して思うことは

 犬が死ぬときに「楽しかったな」と思ってくれるような生活をさせたい、そう飼っていこう、と思っています。

 犬から教えられたこともあります。手術から1週間後ぐらいに初めて外に出した日のこと。ちょんぴーは脚が無いことなんて気にしないそぶりで、楽しそうにぴょこぴょこ歩いていた。「犬は今を生きているんだ」と強く感じました。私はささいなことで20年ぐらい恨みに思ったり、気にしたりするタイプなのですが、変わらないことを思い悩んでも仕方ないと教えてもらいました。

愛犬は最高の友達

――漫画ではちょんぴーを友達だと紹介していますね

 東京に出て、一人暮らしを始めて二十数年経ちますが、ちょんぴーを飼う前にどうやって生活していたのかが思い出せない。24時間一緒に生活をしていて、犬が一緒だからこそ行きたくなる場所があり、やりたいことが増えていく。自分がつらい時も一緒にいてくれる。最高の友達だと思っています。
(聞き手・浜田知宏)

【関連記事】 3本足で猛ダッシュ! 元繁殖犬「すずちゃん」お米農家の一員に

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。