和歌山市動物愛護センター完成、ドッグラン併設 処分数減に期待

ガラス張りの猫飼育室で寄り添う猫
ガラス張りの猫飼育室で寄り添う猫

 犬や猫の殺処分ゼロを目指そうと、和歌山県和歌山市は動物愛護管理センター(同市松江東3丁目)を完成させた。収容可能数も増え、屋外には保護した犬の運動や訓練ができるドッグラン施設を設けた。10月15日から業務を開始している。

 センターは敷地面積約1700平方メートル。事務所棟と動物棟がある。事務所棟では動物愛護教室を開催する部屋や、猫の譲渡推進や室内飼育の啓発をする室内ガラス張りの猫飼育室を設けた。動物棟では保護した犬猫の簡易治療や不妊去勢手術を実施する。センターの開設により、これまで市の保健所で収容してきた数よりも収容可能数が増え、犬が18匹から40匹、猫が12匹から50匹となった。

「待て」「お座り」。屋外のドッグランでしつけの訓練を受ける犬
「待て」「お座り」。屋外のドッグランでしつけの訓練を受ける犬

 自治体がふるさと納税を通じて寄付を募るガバメントクラウドファンディングで約2800万円が寄せられ、手術台や照明装置などにあてた。

 市生活保健課によると、昨年度収容した犬は129匹、猫が594匹。殺処分は犬42匹、猫197匹。譲渡は犬35匹、猫122匹という。

 センターのオープンにより、犬や猫の譲渡会も1カ月に2回程度開催していく予定。11月の譲渡会は7日と23日(いずれも午後2時から)に予定されている。市の担当者は「一匹でも殺される犬や猫が減れば」と話している。
(井元茂)

【関連記事】猫殺処分ゼロへ和歌山が本腰 人口10万人あたりワースト2位

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!