「犬や猫と家族写真を」 福島の現実を知り、スタジオを開いた

 犬や猫も“家族”。愛犬や愛猫と一緒に、家族写真を撮ることをすすめる写真スタジオがある。そのきっかけは福島原発事故で、飼い主からはぐれた犬や猫たちの存在を知ったことだった。

(末尾に写真特集があります)

   東京都国立市に写真スタジオ「イヌとネコとヒトの写真館」はある。カメラマン・上村雄高さん(48)が一昨年、戸建ての自宅の一階部分を改装して開業した。

「写真の雰囲気が明るくなるようにフローリングに杉材を使いました。壁も自分で塗ったんですよ。撮影用ライトはなるべく自然に。かっこつけないで、シンプルに撮ることにしたんです。スタジオにも備品の椅子やオモチャがあるだけなんですよ」

スタジオ改築は自力で行ったそうです
スタジオ改築は自力で行ったそうです

出しゃばらず遠くから

   この日、スタジオで女性と飼い猫の撮影があった。

   広いスペースに猫と飼い主を案内し、しばらく猫と遊んでもらっていた。撮影用のスクリーンには薄いグレーを選んだ。猫は動じない性格なのか、興味津々でスタジオ内を歩き、椅子に登ったり下りたり。そのうち、ごろんと横になった。

「ダーちゃん、気持ちいいのかな」

 上村さんは、笑いながら猫の愛称を呼んで、離れた位置から200ミリの望遠レンズでシャッターを切る。次に、女性が嬉しそうに猫と遊んだり、なでたり、抱いたりする様子を撮っていく。

「飼い主さんがリラックスするとペットもリラックスするので、そんな状況を作るようにして、出しゃばらず遠くから撮る(笑)。猫や犬だけ記念にという方もおられますが、『一緒に撮りませんか?』とお勧めすることもあります。ペットと飼い主の“家族写真”は貴重です。楽しい思い出になる、大事なものだと思うので……」

記念撮影中の犬と猫
記念撮影中の犬と猫

福島を見て人生が変わった

 上村さんがカメラの仕事を始めたのは、今から10年前だ。それ以前、脱サラして個人で始めた玩具類の輸入業はとても順調だった。だが、ある時、こう思ったのだという。

「人々の物欲を満たすだけでなく、もっと本質的なことで人に『ありがとう』と言われたい」

   ちょうどその頃、テレビで難病を伝える番組を見た。

「人が知ることで、支援金が集まったり難病指定になったり、世の中が変わることがあるんだ、と心に響きました。写真を撮る、報道することで、現状を伝えたり、人の役にたてたりすることがあるのではないか」

   それで行動に移してしまった。当時37歳。写真は素人だった。1年間、写真学校に通い、カメラマンを名乗った。カメラマンとして特徴が必要だと考え、自宅の愛猫を撮ってブログに載せるようになった。

   すると、猫雑誌から声がかかるようになり、猫を中心に撮影する生活が始まった。それから3年経った時、起きたのが東日本大震災だった。上村さんの心も大きく揺れた。

「地震の後、福島に残されている犬や猫がいることを知って見に行きました。ボランティアさんが入って、動物たちは飢えをしのいではいましたが、家族と離ればなれになった状況を知ってショックでした。2012年から居住禁止だった飯館村に継続的に行き、犬や猫を撮り始めました」

   福島に通い出して、初めてやりたいことに出会い、お金以上のやりがいを感じたのだという。それまで乗っていたスポーツカーを、雪道にも強い四駆に買い替えた。

飯館村の空き家にいた子猫たち
飯館村の空き家にいた子猫たち

   福島での撮影を通じて、気にかかることがあった。震災後に別の場所に生活拠点を作ったのに、犬や猫を避難区域に置いたままのケースが少なくなかったのだ。

「犬や猫は待っていただろうに、避難解除後も飼い主と一緒に暮らせないだなんて…。犬や猫をもっと家族のように思う人が増えたらいいな、そういう社会になるといいなと。そんな思いをこめて、福島の撮影を続けているんです」

   ペットと死別した人から「もっと写真を撮っておけばよかった」という声も聞いた。

「ペットと飼い主一緒の記録を残してあげたい」「飼い主にとっても楽しい時代を思い出すきっかけになるだろう」。上村さんにそんな思いが募り、撮影のひとつのテーマが「家族」になった。

   飼い犬や飼い猫の家を訪れる出張撮影から始め、その後、自宅スタジオでの撮影、トリミングサロンでの撮影会も始めた。

上村さんと暮らす猫たち
上村さんと暮らす猫たち

自宅2階には多くの保護猫たち

 上村さんは福島に行くたびに、放っておけず猫を保護し、譲渡もしてきた。自宅2階には、現在10匹以上の猫がいるという。案内されて上がると、ふっくらと落ち着いた猫たちがソファに寝そべっていた。

「もともと近所で猫を保護していたのですが、飯館村から連れ帰った猫もいます。空き家に残された子猫を見つけたり、保護施設から預かったり……」

   この夏には、福島の帰り道に寄ったコンビニで、やせてふらふらしていた野良の子猫を見つけた。上村さんの後をついてきたので、そのまま連れ帰ったという。

2階には3部屋ありますが、1部屋は東京っ子と福島っ子のための伸び伸びスペース。みな仲良いです。もう1部屋は、どうしてもなじめない子の場所。いちばん狭い部屋で僕が寝ます(笑)」

   保護した猫たちは、上村さんにとって「大事な家族」だと話す。

「でも、福島などで飼い主を探している犬や猫はまだ多くいる。どの子にも家族が見つかり、人間が家族の写真を1年に1回撮るように、犬や猫もファミリーとして写真を撮ってもらえるといいな」

 スタジオの名前「イヌとネコとヒトの写真館」には、そんな思いが込められていた。

(撮影・上村雄高)

【関連記事】 福島原発事故の被災地 取り残され、人を待ちわびる犬猫たち

上村さんのブログ「猫撮る」
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!